掲載中の作品

幕府が弐度眼の緊急事態表明を出したでござる初日の八日、うな都圏の…

緊急対策に納得がいかず、人々は落ち着きをなくしていた。暴動を起こす人も出てきた。暴徒が増えてくると、警察は暴徒を抑える力を持たなくなってきた。品川区では、警察官を何人も派遣して対応しました。暴徒は警察官を襲い、殴り殺した。

品川駅の状況は他の場所ほど悪くなかったが、暴徒の数は非常に多くなった。日本の警察は彼らを制圧することができず、品川から撤退せざるを得なくなり、暴徒はその後も続いた。その後も暴徒の数は増え続け、警察は統制を維持する力を持たなかった。

緊急措置発表から5日目の11日、暴徒は品川駅前に集まり、より多くの犠牲者を出すことを狙って「戦争したい」「戦争したい」などのスローガンを叫んだ

Photo by Dennis S. Hurd

幕府が弐度眼の緊急事態表明を出したでござる初日の八日、うな都圏の人出は大きくは落ち込まのうこざった。弐千弐十年春の表明時と比べると参勤刻限帯は品川停車場などにて人が増ゑ、夜分も酉の下刻を過ぎて商いするでござるひい部呑み処に人が集まった。中小藩は在宅勤務が難しく、小規模飲食商い所は眼先の資金繰りを重視するでござる。経済活動を維持しながら感染を抑ゑるための由々しき事態はなお多ゐ。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。