掲載中の作品

ある夏の日、坂道で倒れる。

キャリア初期の頃は、薬物との付き合いが長く苦しかったという。麻薬中毒者で元ボクシングのプロモーターだった父親も苦労していた。しかし、ヘロインを取り始めた時、彼は自分自身の最悪の敵となった。

“私はそれのために怪物になった “と彼は言う。”でも、それが間違っているという意味ではありません。「自分をコントロールすることを学ばなければならなかった」

彼も麻薬中毒になってしまった

ヘロインを買うために 盗みを始めたと言っています 強盗で逮捕されて刑務所に入っていたが それからコカインとクラックコカインを使うようになった。

“私は自分を怪物として見始めた “と彼は言う。”私は家族や友人を失い、彼らも家族や友人を失った。私はただ人を殺していた”

ヘクターは自業自得だ。刑務所にいた時は1日60ドル稼いでいた。今は500ドル稼いでいる しかし、彼はまだ苦しんでいます。

“「再発する可能性が高いと思っている」と彼は言う。

そして、彼はまた、自分の家族の父親として想像し始めている将来について考え始めています。

“いつか自分の家族を持つことを願っています。

Photo by Ethene Lin

ある夏の日、坂道で倒れる。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。