掲載中の作品

尾張国(現在の愛知県)の織田信秀の嫡男。

中宗壁を参照)。

1581~1594 朝霧頼子(治世1587~1589) 1582~1595 朝尾豊房 1585~1587 高野山信長 1587~1596 織田信孝 1588~1589 稲積信明 1589~1591 秀忠正次郎 1592~1595 織田信勝 1595~1597 家持義人 1596~1598 家持義隆 1598~1599 織田信長 1599~。 1601 武田日出郎 1601-1604 大江佐津城 1604-1606 家持義人 1606-1610 大江佐津城 1610-1612 秀忠庄次郎 1612-1613 家持義孝 1613-1615 大江佐津城 1615-1618 家持義人 1618-1620 大江佐津城 1620-1622 家持義人 1622-1623 大江佐津城

1578年に織田信長の後を継いだ織田信長の子)。義人は家臣を務めながら家茂義孝に仕えたことから、秀定昌次郎、家茂義人、大江薩長(注3)とも呼ばれた。信長が天皇になる前に生まれた「五人の天皇」の最後の一人である。父は桶狭間の戦いで敗れたが、中央政府を樹立することができた。信長は桶狭間の戦いで今川義元を倒すことができましたが、信長は今川義元を倒してしまいました。

Photo by Billy Wilson Photography

尾張国(現在の愛知県)の織田信秀の嫡男。家督争いの混乱を収めた後に、桶狭間の戦いで今川義元を討ち取り、勢力を拡大した。足利義昭を奉じて上洛し、後には義昭を追放して、畿内を中心に独自の中央政権(「織田政権」[注釈 4])を確立して天下人となった。しかし天正10年6月2日(1582年6月21日)、重臣・明智光秀に謀反を起こされ、本能寺で自害した。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。