掲載中の作品

生き延びるために鉄壁の守りを手に入れた屈強な動物たち10選動物は敵…

2: 猫

猫は獲物の匂いを嗅ぎ分ける能力、獲物を追う能力、疲れないこと、ハゲないことで知られています。しかし、捕食者から身を隠すのに最適な場所を見つける能力はどうでしょうか?

猫の鼻は、獲物を見つけるための効果的な道具としてだけではありません。コンパスとしても機能し、森の中心までの道案内をしてくれるのです。[….]オイラー

3:鹿

狩猟に関して言えば、鹿は非常に鋭い嗅覚で知られており、獲物を長距離追跡することができる驚くべき能力を持っている。[….]オイラー

4: 猫

猫の嗅覚は狩りの達人。一部の猫は、自分のサイズの25倍まで獲物を狩ってキャッチすることができ、水なしで約1週間生き延びることができます。この素晴らしい嗅覚に加えて、猫には優れたバランス感覚があります

Photo by ILO in Asia and the Pacific

生き延びるために鉄壁の守りを手に入れた屈強な動物たち10選

動物は敵に遭遇すると身を守ろうとしますが、その方法がとてもユニークな動物が紹介されていました。

もこもことかわいらしい見た目からは想像できないようなディフェンスを発揮する動物もいて、見た目で判断して油断すると痛い目に遭ってしまうことがよく分かる内容となっています。

詳細は以下から。Top 10 Mammals With Odd Defenses – Top 10 Lists | Listverse

1:オポッサム

自分では手に負えない危険に遭遇すると、地面に倒れてよだれを垂らしてぴくりともしなくなります。つまり死んだふりをするわけですが、それに加えて肛門腺から死臭のようなにおいを発するので、襲いかかった動物はオポッサムへの興味を失ってその場を立ち去るということです。このような状態を擬死と呼びますが、オポッサムは擬死状態の時も意識を持っているという実験結果も報告されているようです。

2:ポットー

ポットーは子猫くらいの大きさの猿で、のんびりとした動作のため襲われるとうまく逃げられません。そこで先のとがった脊髄骨を浮き上がらせるようにして威嚇します。天敵はポットーの首あたりから謎の武器が出てきたと思って驚き、また仕留めても飲み込めないと思わせる効果があるようです。

3:センザンコウ

見た目はアリクイに似ていますが、センザンコウはこれらの動物の中でも特に強いと言える動物です。敵と遭遇すると、まず引きはがすことのできないくらい強力な力で丸くなり、固い刃物のようなうろこを持つため襲いかかった敵の方がけがをします。また、尻尾での一撃はきわめて重たく、くらうと大けがをすることも。極めつけに肛門からいやなにおいを放つ粘液を出すこともできるので、攻守共にバランスの取れたセンザンコウに手を出すのはきわめてリスクが大きいようです。

4:ミツオビアルマジロ

アルマジロはみんな丸くなって敵から身を守ると思いがちですが、多くの種のうろこは捕食動物から身を守るには不十分なため、地面に穴を掘ってその中に逃げるといいます。そんな中、丸まることでカンペキに身を守ることができるのがこのミツオビアルマジロです。うろこはゆるく連結されているのでのびのびと動くことができ、また固いうろこで守られている頭と尻尾がボールになった際にがっちりと連結するため、無敵の守りを誇ることができます。このためミツオビアルマジロ自身が穴を掘る必要はなく、別の動物が掘ったものを間借りしたりして済ますようです。

5:ヤマアラシ

世界最大のげっ歯目であるヤマアラシのトゲは、身を守るためというよりむしろ攻撃するためのもので、遠くからでも敵に見えるような色になっています。やってきた敵が脅しても逃げない場合、体の後ろ側にあるトゲで突き刺します。トゲは敵の捕食動物の体に入り込み、ケガや感染症によって命を落としてしまいます。またトゲの威力は強力で、内蔵まで到達することもあります。そんな強力すぎる武器を持っているため、ヤマアラシはトゲが不慮の事故で自分にささっても大丈夫なように強力な抗体を持っているそうです。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。