掲載中の作品

オリジナルの処理で何をやっているかというと、ドストエフスキーの小…

1. ドストエフスキーの小説に自動生成された文章を自動挿入した。

本研究の主な目的は、ドストエフスキーの小説「罪と罰」を探求することである。1869年に書かれたこの小説の原版は、1874年に「原著」の巻として出版されています。つまり、この小説は長くて複雑な小説であり、多くの微妙なニュアンスや登場人物に満ちている。また、どんなアルゴリズムを使っても再現が不可能な小説でもある。

前述したように、この小説は微妙で微妙なニュアンスや登場人物が多く、再現するのが非常に難しい小説です。これは小説の長さだけでなく、ドストエフスキーの思考過程の複雑さにも起因している。

このアルゴリズムでは、機械学習技術をミックスしたものを使用しています

Photo by 7C0

オリジナルの処理で何をやっているかというと、ドストエフスキーの小説「罪と罰」を学習してモデルを作成後、任意に入力した「There was a time when」に続く文章を自動生成しています。改善内容の詳細は、公式記事を見ていただければと思いますが、個人的には以下2つの工夫点によって処理が効率化されたと理解しています。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。