news

人工知能ニュースヘッドライン 2020/04/19

AIが新型コロナウイルスの感染経路をモデル化 封じ込め戦略を立てる | 財経新聞


AIが新型コロナウイルス感染拡大を検知する方法は、「ネットでの情報のやり取り(メディア、メール、航空券販売など)」をモニタリングすることだ。
https://www.zaikei.co.jp/article/20200419/562514.html
2020/04/19 15:30

ハーレイ・ジョエル・オスメント、『A.I.』は「人生でお気に入りの作品」 ─ 現在32歳、キューブリック&スピルバーグに賛辞 | THE RIVER


すっかり個性あふれる俳優に
https://theriver.jp/haley-looks-back-ai/
2020/04/19 13:00

「提言!これからの日本観光」 “多様化”の観光へ ポスト“自粛”の観光を考える – 旬刊旅行新聞 – 株式会社旅行新聞新社


2020年4月19日(日) 配信 あれほどにぎわった京都、鎌倉などの観光地はまったく別の場所のように様変わりの静けさである。“新型コロナウイルス”の感染防止のため、多くの集会が自粛され、ビジネスも休止状態の会社も多く、東京など大都市の交通機
http://www.ryoko-net.co.jp/?p=76204
2020/04/19 12:04

AIよりまずエクセルを使いこなせ!ワークマンのデータに基づく意思決定習慣|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社


こちらは、AIよりまずエクセルを使いこなせ!ワークマンのデータに基づく意思決定習慣のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。
https://newswitch.jp/p/21905
2020/04/19 07:02

コロナの不安と苛立ちを「AI」が癒してくれるとしたら…(佐藤 光展) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)


新型コロナウイルスの影響で、人々の不安や恐怖が増し、分断や孤立が進んでいる。他人との接触をできるだけ避けて距離を置き、仕事は可能な限り家で済ます。そのような暮らしの傾向は、我々がこのウイルスを克服した後も、ある程度続くのではないだろうか。人間関係が希薄になった時、私たちの心に寄り添ってくれるものは何なのか。有望な候補となりうるのがAI(人工知能)だ。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/71870
2020/04/19 06:10

トヨタ・NTT・ゼンリン連合、富士山の麓に「次世代都市」建設へ…AIや自動運転導入


地図大手のゼンリン(東証1部上場)とNTTは資本業務提携することで合意した。ゼンリンの地図製作技術とNTTのデータ分析や通信技術を融合。自動運転などに必要なデジ…(1/2)
https://biz-journal.jp/2020/04/post_152673.html
2020/04/19 06:51

コロナの不安と苛立ちを「AI」が癒してくれるとしたら…(佐藤 光展) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)


新型コロナウイルスの影響で、人々の不安や恐怖が増し、分断や孤立が進んでいる。他人との接触をできるだけ避けて距離を置き、仕事は可能な限り家で済ます。そのような暮らしの傾向は、我々がこのウイルスを克服した後も、ある程度続くのではないだろうか。人間関係が希薄になった時、私たちの心に寄り添ってくれるものは何なのか。有望な候補となりうるのがAI(人工知能)だ。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/71870
2020/04/19 05:50

新型コロナの質問にAIが回答 内閣官房ホームページ | NHKニュース


新型コロナウイルスの感染拡大で、政府は国民から多くの問い合わせが寄せられていることから、内閣官房のホームページに、AI=…
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200419/k10012395011000.html
2020/04/19 05:18

日本は科学の視点、不足 シカゴ大・中村名誉教授インタビュー:一面:中日新聞(CHUNICHI Web)


 人間の全遺伝情報をもとに診断や治療を行うゲノム医療の世界的な権威、米シカゴ大の中村祐輔名誉教授(67)が本紙のインタビューに応じ、新型コロナウイルスへの対応…
https://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2020041902000069.html
2020/04/19 05:01

デジタルVS:第1部/上(その1) ミクと結婚、AI実現 – 毎日新聞


 「おかえりなさい」。3月上旬、東京在住の地方公務員、近藤顕彦さん(36)が自宅アパートに帰宅すると、声をかけてきたのは、円筒状の機器の中に立体ホログラムで映し出された人気キャラクター、初音ミクだった。人感センサーで近藤さんに気付いて言葉を投げかける。既に部屋の電気がついていたのは、スマートフォンで
https://mainichi.jp/articles/20200419/ddm/001/300/068000c
2020/04/19 02:03

高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。