掲載中の作品

ここは神が集う場所ヴァルハラ私はもう何年ここの駒として生きて来た…

だから私には友達がいません。でも、私は神様だから友達がいなくてもいいんです。
だからこそ、私は神様なんだと思います。
疲れているんです。
神に生まれ変わっても、私は疲れを感じません。
疲れているのは、睡眠が必要だからだ。
しかも、あまり話さないから、いい友達がいない。
そして、私の仕事はとてもハードなので、それは私を緊張させます。
私の仕事は非常にハードなので、私は多くの責任を得ることができ、私は他の人ができない多くのことを行うことができます。
辛いことはできるけど、辛くないことはできない。
でも、それを受け入れることはできません。
だから私は神様であり、コーディネーターなんです。
そういうことなんです。私の仕事は?
「ああ、神様です。コーディネーターです。それだけです。存在としてはそれだけ。それだけです。
「なるほど。そうなんですか。じゃあ、何かリクエストはありませんか?
いえ、一つだけ、人を殺さないで欲しいということです。
何ですか?
殺すこと。戦争でなくても、人を殺すこと。殺すことは悪いことです。誰がどこにいようと、どこにいようと、殺すことは悪いことだ」。
という言葉を初めて聞きました。

Photo by marneejill

ここは神が集う場所ヴァルハラ 私はもう何年ここの駒として生きて来ただろうか…100年、いや150年といったところか。
それは私が死んだ年齢でもある、あの時は冒険者魔物との戦いに敗れて戦士した記憶はよこ覚えてる。
そして、今では神になり神にも沢山の役目があって私は人間界にいる魔物の調整役として働いてる。
なぜこの役なのかはきっと剣の実力があるからだ
でも、私は無口なため相変わらず中のいい神はいない

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。