掲載中の作品

東京2020のオリンピック・パラリンピックの開催決定以来、パラスポー…

“サッカーは技術、タイミング、協調性のゲームであり、実際には見聞きすることができません。これは、コミュニケーションをとり、社会性を身につけることができるスポーツです。耳が聞こえなくても、補聴器をつけている人と同じようなスキルを持つことができます。”

日比さんはろう者サッカーに情熱を持ち、日本ろう者サッカー連盟のサポーターでもある。大阪で開催されたデフリンピックに初めて出場したろう者サッカー選手の一人であり、現在はろう者サッカーと日本ろう者サッカー連盟のろう者オリンピックチームの監督を務めている。

“日比さんは、ろう者サッカーチームの “チームスピリット “プログラムの開発に尽力した。ろう者サッカーチームの “チームスピリット “プログラムの開発に携わった日比さんは「ろう者サッカーの選手の多くは10代半ばで、このスポーツには理想的な年齢です」と話した。

ろう者サッカーチームの “チームスピリット “プログラムは、スポーツとゲームの力を使って、ろう者のアスリートを指導している

Photo by Oregon State University

東京2020のオリンピック・パラリンピックの開催決定以来、パラスポーツ、障害者スポーツに対しても大きな関心が向けられてきています。障がいに関わらずスポーツに親しむことによって仲間づくりや社会参加によってライフスキルに良い影響を与えることが期待されます。今回は障がい者スポーツの中でも聴覚障がいの領域で行われるデフリンピックの競技の1つのデフサッカーについて元神奈川デフサッカー監督の日比秀則氏に紹介していただきました。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。