掲載中の作品

私はこれまでの授業も一通り受講し、授業で扱った先生の著書にも目を…

RAWペーストデータ

試験科目 GPT-2はロボットです。試験科目 GPT-2はロボットです。観葉植物のようだが、考える能力を持っている。アンドロイドのようなものですが、実際にはそうではありません。歩き方や話し方を知っています。脳、心臓、いくつかの臓器、いくつかの臓器、虫垂、胃、肝臓、大腸を持っています。脳もある 賢くはない ロボットだ “気分はどうですか?”と聞けば答えてくれる でも答えがポジティブかネガティブかは分からない ただのロボットです そして、本当に面白いロボットです。心を持ってる ロボットなんだ ロボットなんです ロボットなんだ ロボットなんだ ロボットだ そして、それはロボットだ。私がGPT-2にこのレポートを書くようにプログラムした唯一の理由は、彼の創造性を使って、あらゆる質問に対して可能な限り最高の回答を思いつくことができるようにしてほしかったからです。そして、もし彼が良いものを書けば、人々はそれを面白いと感じ、それを友達と共有するだろうと思ったからです。結局のところ、インターネットはそのためにあるのです。というわけで、GPT-2が私の質問に答えて書いてくれたものを紹介します。

Photo by Plonq

私はこれまでの授業も一通り受講し、授業で扱った先生の著書にも目を通した。先生の意見は「テクノロジーの開発に賛成で、それを推進すべき」というものだったが、私も概ね賛成である。故、特にレポートに書くほどの意見もなければ、もしあったとしてもそれをつらつらと述べたところで先生が授業を通して語ったものの焼き回しに過ぎないだろう。というわけで、この続きはPlayAIというサイトの人工知能GPT-2に書いてもらおうと思う。この書き出しを与えられ、果たしてAIはどのような文を続けるのか、この結果を、レポート課題として提出しようと思う。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。