掲載中の作品

日本の経常収支は現在もわずかに黒字です。

国際経済学

グローバル化は各国に新たな市場拡大の機会をもたらしたが、同時に新たな障壁も生み出している。ここでは、製造品の主要輸出国である中国と米国の比較分析を行う。

はじめに 国際貿易

国際貿易は前世紀の世界経済成長の鍵を握ってきた。国際貿易の成長と1970年代初頭の世界貿易機関(WTO)の発展は、経済成長と安定に拍車をかけたと評価されている1。

しかし、世界経済の成長は依然として低迷している。最近の世界貿易の減少に伴い、世界の在庫の減少が顕著になっている(図表 C2)4 。

Photo by Angeles Chapter History Committee

日本の経常収支は現在もわずかに黒字です。経常収支を構成する貿易サービス収支、第1次所得収支、第2次所得収支がそれぞれ何であるかを個別に説明し、日本の国際収支の現状を論じる。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。