掲載中の作品

それは暑い日だった

この場所にいたのは3人。

女性は窓の方へ行き、外を見ました。

“どっちの方向に向かっているのかな。

真っ直ぐなら窓の外で待っていて、彼らの後ろ姿を見る。もし道が曲がっていたら、私たちが殺されることになるでしょう。”

彼女は、外に出たらそもそも殺されることを知っていた。

家の中にいたら、今頃殺されていることもわかっていた。

彼女はある考えを持って窓に行きました。

“このままでは死なない。

一刻も早く逃げなければならない”

女は男の助けもあって家を脱出することができた。

女は一人で逃げることができた。

“じゃあ、一緒に逃げようよ。

これがあれば自由になれる”

女は全力で逃げ出しました。

女は男の助けを失った。

女は一人で逃げるしかありませんでした。

女は逃げることはできたが、女の集団に父親を殺されてしまったので、自分が戻れるかどうかはわからなかった

Photo by cseeman

それは暑い日だった

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。