掲載中の作品

俺は高校生探偵、工藤新一。

私は蘭ちゃんの家に引っ越してきて、彼女が面倒を見てくれていました。

彼女とはいつもコミュニケーションが取れていたので、それを利用してこの二人の情報を得ていた。

言葉で説明するのは難しい。

でも、心の中では、自分の命が危ないと思っていた。

蘭は元刑事だったが、主婦になった。

彼女には子供がいる。

シングルマザーである。

今までに産んだ子供は、新一という女の子だけ。

彼女はコンビニでアルバイトをしていて、両親と二人暮らしをしている。

しかし、蘭の父親は探偵。

片親って怖いですね。

ひとり親って怖いですね。

蘭ちゃんの父親は、昔からとても守ってくれる父親でした。

でも、子供の頃は、彼自身が刑事をやっていました。

息子さんも探偵をやっていたそうです。

小さい頃は、ランと一緒に探偵ごっこをしていました。

ある日のこと・・・。

“あっ!名探偵コナンも来た!”

ランの母親は叫びながら家を飛び出した

僕は母の家に行って確かめたんだ

母も探偵だった。

母の名前は阿笠陽子。

彼女の父親が探偵であることは知っていた。

Photo by denisbin

俺は高校生探偵、工藤新一。
幼馴染で同級生の毛利蘭と遊園地へ遊びに行って
黒ずくめの男の怪しげな取引現場を目撃した。
取引を見るのに夢中になっていた俺は、
背後から近づいてくるもう一人の仲間に気づかなかった。
俺はその男に毒薬を飲まされ、目が覚めたら・・・

体が縮んでしまっていた。
工藤新一が生きているとやつらにばれたら
また命を狙われ、周りの人間にも危害が及ぶ。
阿笠博士の助言で正体を隠すことにした俺は、
蘭に名前を聞かれて、とっさに江戸川コナンと名乗り、
やつらの情報をつかむ為に、
父親が探偵をやっている蘭の家に転がり込んだ。

たった一つの真実見抜く見た目は子供、頭脳は大人、
その名は、名探偵コナン。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。