掲載中の作品

学習マンガ歴史やテクノロジー、経済など人々が学習する内容を文章表…

腎機能検査などの余計な情報が入ってきます。教育のためだけでなく、情報や娯楽のためにも漫画を読んでいる。例えば、子供を飽きさせない方法として、また学校の勉強に役立つ方法として、多くの親が漫画を読んでいます。

インターネットや書店には、教育的な内容の漫画がたくさん出回っているが、多くの人はそれを買わない。

現代世界の教育

現在では、歴史や技術、経済などを教えるために漫画が使われています。

例えばアメリカでは、マンガを教える高校がいくつかあります。

アメリカで最初の高校(ハーバード大学)は、歴史を教える方法としてマンガが使われていることで知られています。

また、アメリカでは、日本語について教えたり、日本文化の様々な側面を学ぶためにマンガが使われています。

アメリカでは、多くの日本人がマンガに精通しています。

宮崎吾朗のような有名人でさえ、日本について学ぶために漫画を使っていることで知られています

Photo by Fibonacci Blue

学習マンガ
歴史やテクノロジー、経済など人々が学習する内容を文章表現ではなく漫画にすることで、読者が理解し易くしたものである。「まん」の字を現在小学校では学習しないため、実際の書籍では「学習まんが」と表記されることも多い。

児童・生徒向けのもの(即ち児童書)が主であったが、近年は大人向けのもの(実用書)も増えている。

学習漫画は「学習する」という性質上、制作委員会などを結成して内容の構成や方向性を決め、架空の人物・組織が登場することなどはあってもその目的を損なう加筆・脚色は許されない。委員会には取り上げるテーマに精通した大学教授や知識人が監修をするケースがほとんどである。

新聞や小説など活字に溢れた文章を読まない、いわゆる「活字離れ」と呼ばれる現象が顕著になった現在、学習する内容をこれら学習漫画でまかなうケースが増えてきた。またそれらの世代に向けて、学校の教科書にも漫画が掲載された経緯もあり、これについては物議を醸した。[誰?]

脚色を加えつつも源氏物語原典を忠実に再現した大和和紀の『あさきゆめみし』、横山光輝の『三国志』といった一部の歴史漫画は非常に学術的価値が高いものとして認められるものもある。また、厳密には学習漫画(児童書)ではないが、漫画のストーリーに基づいた資格取得参考書(住宅新報社の「マンガでわかる資格試験シリーズ」等)や大学受験参考書なども発刊されている。 一風変わったところでは、元々学習漫画に近い制作背景を持つ擬人化キャラクター漫画『Axis powers ヘタリア』や『はたらく細胞』があり、両作品とも日本財団主催のプロジェクト「これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト~」に選定されている

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。