掲載中の作品

僕は暗闇の中一人たたずんでいた。

私は、これらのことが少なくとも月に一度、もっとではないにしても、私の身に起こっていることを学び始めました。それは男性にも(そのほとんどが)女性にも(そのうちの何人かが)起こりました。当時の私は気にしていませんでした。私はそれが私の人生で少なくとも一度は私に起こったように、それはただの不運だと思っていました。しかし、私は間違っていました。悲しい思いをしていたのも、落ち込んでいたのも、夜になると寂しい思いをしていたのも、すべてこのせいだったのだと気付き始めました。

世界は自分のために変わらなければならないという事実を受け入れ始めました。私は、自分の人生を少しずつ変えていく必要があることを受け入れ、何が自分にとって正しいのかわからないことを受け入れ始めました。私は、自分には向いていないことがあることを受け入れ始めました。青春時代にやったことの中には、ただの馬鹿げたこともあることを受け入れ始めました。そして最終的には、このように感じているのは自分だけだということを受け入れ始めました。

そして、この状態を克服する旅を始めたのです。

旅は長くて大変です。自分の気持ちに向き合うには勇気がいるからです。それは、あなたの習慣を変える勇気が必要です。

Photo by swetlanahasenjäger

僕は暗闇の中一人たたずんでいた。何もかもがどうでもいいような気がして何もやる気が出なかった。目を閉じて考える。何がいけなかったか。どうしたらこんなことにならなかったのか。でも答えはずっと前から気付いていた。ただそれを突き付けられて打ちひしがれるのが嫌で逃げていたのだ。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。