掲載中の作品

解剖学実習の初日、私は生成り色の布に包ま解剖学実習が始まった。

私は寄付とは何の関係もない 私が決めたことではありません。
彼らの唯一の同級生であるにもかかわらず、解剖をする許可を得ていませんでした。
患者さんが目の前で何を見るのか怖かったからです。
解剖をする許可を得ていませんでした。
解剖のことはあまり聞かされていませんでした。
他の学生は解剖に驚いていたので、解剖のことはあまり言わなかった。
なので、私は献体とは何の関係もありませんでした。
解剖学の授業、解剖実習だけが私には何の関係もありませんでした。
生徒たちは手術にとてもショックを受け、怖がっていました。
生徒たちは手術にとてもショックを受けて 怖がっていました
手術にとてもショックを受け、怖がっていました。
私たちは手術にとてもショックを受け、怖がっていました。
私は寄付とは何の関係もありませんでした。
同級生の寄付金
寄付金にショックを受け、怖くなりました。
私は寄付とは何の関係もありませんでした。
解剖学教室と解剖学研究室の
寄付金にショックを受け、怯えていた学生たち

Photo by matt hrkac

解剖学実習の初日、私は生成り色の布に包ま
解剖学実習が始まった。
えた。そんな風に不安と戸惑いを残したまま、
たち学生に何を期待されていたのだろうかと考
気持ちでなぜ献体を希望されたのだろうか、私
は上品で優しい雰囲気を持った方で、どんなお
いかと不安だったからだ。私たちの班のご献体
だ解剖をする覚悟も知識も足りてないのではな
れたご献体を前にして脅えていた。自分にはま

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。