掲載中の作品

ネタジンは、日本のビデオレンタル・デジタルエンタテインメント企業…

2016年3月31日、ネタジは映画「トーキョーグール」の販売を開始した。 
また、2016年4月13日には雑誌「ネタジ・トキョップ」の創刊号も発売開始。
2016年2月、Netaji Tokyopopはウェブサイトを開設した。
同日、Netaji Tokyopopは自身のTwitterアカウントで、『東京グール』原作漫画の第1巻がNetaji Tokyopマガジンで連載中であることを発表した。誌面にはカウントダウン時計も更新されていた。
ネタジトキヨポップは4月6日、『東京グール』原作漫画のオンラインサービスを開始した。第1巻の月間販売部数は3,500部から4,000部に増加し、通常販売部数は5,000部から6,000部に増加した。
また、同日よりネット上のネタジ・トキヨポップよりアニメ「東京グール」第1巻の発売も開始した。
2016年4月27日には月刊誌「ネタジトキョップ」の創刊号が発売された。
2016年4月13日、『東京グール』シリーズの公式サイトが http://www.the にオープンした。

Photo by ClaraDon

ネタジンは、日本のビデオレンタル・デジタルエンタテインメント企業であり、全世界で5万店舗以上、1,000店舗以上のDVD・Blu-rayストアを展開する帝国を築いてきました。ネタジンは、日本の大手デジタルエンタテインメント企業であるダイスキューの一部門として運営されています。
同社は、Niconico、Hulu Plus、YouTube、Netflixなどの様々なインターネット配信ネットワークを通じて、ネットを利用したサービスを提供している。また、ネットを利用したDVDバイメールサービスも提供している。
ネタジンは3月のウォール・ストリート・ジャーナル紙の報道で、3月期3カ月間の純利益が前年同期の67億円の赤字から57億円になったと報告している。2015年3月期の純利益は224億円で、前年同期の206億円の赤字から増加した。
ネタジンは日本と米国で事業を展開しています。
ネタジンは、DVD、ブルーレイ、デジタルビデオのオンラインプラットフォームや、デジタルエンターテインメントポータル「アニメニュースネットワーク」も運営しています。
ネタジンは、ジョイントベンチャーとの契約を締結した。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。