掲載中の作品

そして、私たちはベッドに入りました。

どれくらいの時間気を失っていたのかわからない。目が覚めると、私はリビングにいて、タオルを体に巻いて電気をつけていました。父はテレビの前に座って携帯を見ていました。

“D-D-Daddy?何見てるの?”

私は、父が携帯を見るのをやめろと言いました。父はポケットから電話を取り出し、電話に出た。

“ママだよ”

私はショックを受けた。もしかしたらママは私に話しかけてこないのかなと思っていました。

“ママ?” “いや、出掛けてるのは知ってるよ。どうして電話してくれなかったの?

“寝てると思ったから “って笑ってたよ

“電話しなくてごめんね”

“気にしないで、ベイビー、大丈夫よ”

“まだ信じられない”

“私はもう寝るわ。”あとで電話する”

“わかった “と言って電話を切った

それから2週間 彼女のことで頭がいっぱいでした それから二週間は友達のソファで寝て、好きなテレビ番組を見たり、携帯電話を取り上げてもらったりして、机の引き出しの奥にしまっていました。

妹は毎日のように電話をかけてきた。彼女はただ何が起きているかを話すだけではありませんでした。彼女は私に話してくれました。

Photo by Free Public Domain Illustrations by rawpixel

そして、私たちはベッドに入りました。私が眠りにつこうとしたとき、彼の手が私の胸に伸びてきました。彼は私にキスをして、それから

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。