掲載中の作品

私たちは一緒にベッドに入りました。

“ン…ダメ!」と私は言おうとしました。しかし、突然の荒い手で股間を擦られて声が途切れました。少なくとも私はまだ意識がありました。股間を揉まれているうちに振り向くと、何本もの手が私の体を触ったり、撫でたりしていました。私は逃げようとしましたが、それは無駄でした。私は押さえつけられていた。待ち伏せされていたかのように、手を掴まれ、足を何本かの手で押し広げられているのを感じました。大きく広げられた後、私は誰かのペニスが私の中に押し込まれているのを感じました。私はそれに抵抗するのに必死でした。”山田…」と言おうとしました。他に何も思い浮かびませんでした。私の中に挿入されているのが感じられました。私は抗議しようとしましたが、私の中に突き刺さっていたペニスが大きくなり始めました。”D…くそっ! もう我慢できない! もういい加減にして! ” 頭の中で激しい、激しい感覚があり、全身が激しく震えていました。私は静かに泣いていました。”山田…” 言い返せなかった。言ったらまた犯されてしまうことがわかっていたからです。警察に犯される山田を見るのが耐えられませんでした。

Photo by siamesepuppy

私たちは一緒にベッドに入りました。私が眠りにつこうとしたとき、山田の手が私の胸に伸びてきました。“やめて! そんな風に触らないで!”山田は私にキスをしました。私はすっかり濡れて、そのせいでパンティがびしょ濡れになってしまいました。山田は私をレイプしようとしました。わたしは、とっさに山田の股間を蹴りました。山田は怒った熊のような大きな唸り声をあげ、私をベッドに投げつけて服を脱がせました。山田は、私の口にハンカチを押し込みました。それからどれくらいの間気を失っていたのかわからない。目が覚めると、私は裸で自分の部屋にいました。どうやら、山田は私が気を失った直後に警察に連れていかれたようでした。口の上に手がいきなり来たので、反射的に目を閉じました。私の体に手が触れているのを感じました。ゆっくりと目を開けると、青い目をした信じられないほどハンサムな男が見えました。彼は長い白い髭を生やし、長い髪をしていて、白いスーツとネクタイをしていました。私は自分が見たものを信じることができませんでした。彼は笑って、こういった。「俺は男だ。あなたをレイプするつもりはない。」彼は私の手を取ってベッドに案内してくれました。私は彼をベッドに引き倒しました。私は信じられないほどムラムラしていました。彼は立ち上がろうとしましたが、私は彼を抱きしめて押し倒しました。私は彼の上に横になりました。そして、私は彼を強引に

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。