掲載中の作品

“ン…ダメ!

どういう意味なのか聞こうとしていたところ、突然のベッドの大きな音に呼び止められた。ベッドのところに行ってみたが、そこには誰もいなかった。周りを見渡すと、ベッドの上に横たわっていました。ベッドはとても大きなものでした。周りにはカバーがかけられていましたが、私は裸でした。私は自分の体を見て、ベッドの上に横たわっていること、そして自分が全裸であることに気がつきました。部屋を見渡すと、他の人たちも裸で部屋に入っていました。

最初は抵抗しましたが、すぐに楽しくなってきました。自分がどんどん濡れていくのを感じました。私の体は触られることに敏感になってきていて、うめき声をあげそうになりましたが、何か言おうとしてもベッドの大きな音で完全に遮られてしまいました。私は何かカバーを探そうとしましたが、近くに毛布はありませんでした。もしあったら、ベッドが重くて床にぶつかることを知っていたので、すぐに飛び上がっていたでしょう。誰にも裸を見られたくなかった。レイプされたことを誰にも知られたくなかった。しばらくすると、私は興奮してやめられなくなりました。揉み始めました。

Photo by siamesepuppy

“ン…ダメ!」と私は言おうとしました。しかし、突然の荒い手で股間を擦られて声が途切れました。少なくともそのときは、私はまだ意識がありました。股間を揉まれているうちに振り向くと、テントのチャックが開いて、何本もの手が私の体を触ったり、撫でたりしてきました。私は逃げようとしましたが、それは無駄でした。私は押さえつけられていた。待ち伏せされていたかのように、手を掴まれ、足を何本かの手で押し広げられているのを感じました。大きく広げられた後、私は誰かのペニスが私の中に押し込まれているのを感じました。私はそれに抵抗するのに必死でした。”やめて…」と言おうとしました。他に何も思い浮かびませんでした。私の中に挿入されているのが感じられました。私は抗議しようとしましたが、私の中に突き刺さっていたペニスが大きくなり始めました。”D…くそっ! もう我慢できない! もういい加減にして! ” 頭の中で激しい、激しい感覚があり、全身が激しく震えていました。私は静かに泣いていました。”やめて…” 言い返せなかった。言ったらまた犯されてしまうことがわかっていたからです。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。