掲載中の作品

プロローグ数日前、あの日の山田のキャンプでの「女の子」たちとの体…

翌朝、私は早起きしました。男たちが台所に飲み物を取りに行く音が聞こえたので 私はシャワーを浴びに行きました。気がつくとまだ雨が降っていました。シャワーの水が冷たくなかったので、空いているところに出て、洗い始めました。サンダルを持っていたのですが、足に履くものがありませんでした。男たちが食事の話をしているのが聞こえてきた。男たちが食べ物の話をしているのが聞こえてきて、私の母も聞こえてきました。男たちは母の話をしていて、母はいつもトイレに行くと言っていました。私は、彼らが持っていた小さな小屋で母を夜寝かせていると聞いた。私は、母が足のための靴を手に入れることができないことを知っていました。母が足の話をしているのを聞いて悲しくなりました。母が自分の足の話をしているのを聞いて、私は泣き出しました。もう一足のサンダルを見つけました。サンダルが温かくてとても嬉しかったです。母が自分の足のための靴を手に入れることはないだろうと思うと悲しくなりました。母が自分の足のことを話しているのを聞いて、悲しい気持ちになりました。男性陣が食べ物の話をしているのを聞いて、悲しくなりました

Photo by Paul Ealing 2011

プロローグ
数日前、あの日の山田のキャンプでの「女の子」たちとの体験を考えていた。最初の女の子たちを近くのキャンプに連れて行ったことを思い出した。また、私たちのテントが道路に近いところに張られていたことも思い出し、男性の犯行とは思えない。それ以来、私は他のキャンプのことを調べている。他のキャンプも似たようなものだった。いくつかの記述を読ませてもらったのですが、鎖ではなくロープを使って拘束していたのは山田のテントだけだったと思います。また、女の子をテントの下に入れておくという発想を持っていたのは山田のテントだけだということも知った。昼間はテントの下に閉じ込められ、夜になると男たちがやってきて、ベッドに連れて行って寝かせていました。

第一章
私たちは一緒にベッドに入りました。私が眠りにつこうとしたとき、山田の手が私の胸に伸びてきました。“やめて! そんな風に触らないで!”山田は私にキスをしました。私はすっかり濡れて、そのせいでパンティがびしょ濡れになってしまいました。山田は私をレイプしようとしました。わたしは、とっさに山田の股間を蹴りました。山田は怒った熊のような大きな唸り声をあげ、私をベッドに投げつけて服を脱がせました。山田は、私の口にハンカチを押し込みました。

第二章
それからどれくらいの間気を失っていたのかわからない。目が覚めると、私は裸で簡易テントの中でした。それは、私の家の前の道路に張られていました。どうやら、山田は私が気を失った直後に警察に連れていかれたようでした。と、口の上に手がいきなり来たので、反射的に目を閉じました。私の体に手が触れているのを感じました。ゆっくりと目を開けると、青い目をした信じられないほどハンサムな男が見えました。道路を歩いているときにテントをみつけて、入ってきたようでした。彼は長い白い髭を生やし、長い髪をしていて、白いスーツとネクタイをしていました。私は自分が見たものを信じることができませんでした。彼は笑って、こういった。「俺は男だ。あなたをレイプするつもりはない。」彼は私の手を取って、テントの中のベッドに案内してくれました。私は彼をベッドに引き倒しました。私は信じられないほどムラムラしていました。彼は立ち上がろうとしましたが、私は彼を抱きしめて押し倒しました。私は彼の上に横になりました。すると、急に青い目の彼が私の体を触ってきました。「やっぱりさっきの言葉はなしだ。」「俺は男だ。あなたをレイプする。」“やめて “と言おうとしたけど 他に言うことが思いつかなかった。私の中に挿入されるのが感じられました。私は抗議しようとしましたが、彼は私の中に突っ込んで主張してきました。中に入ると、私の中に温もりと柔らかさを感じたので、「やめてください…」と言おうとしましたが、目にしたものに沈黙してしまいました。彼のペニスは完全に硬かった。そして彼の体は震えていました。私は、”いや・・・やめたい!”と言おうとしましたが、彼のペニスは完全に硬く、体は震えていました。私は彼の精液の存在によって再び沈黙しました。私は彼のペニスを押しのけようとしましたが、遅すぎました。彼はすでに私の中に入っていて、それはとても強烈でした。私の感覚が戻る前に、彼が私の中に精液を発射しているのを感じました。” 私はめまいを感じ始め、頭が非常にフラフラし、目を閉じようとしましたが、できませんでした。目も見えず、耳も聞こえませんでした。また、意識を失ったような感覚もありました。叫びたかったのですが、声が出ませんでした。何でもいいから、何でもいいから、何か言いたかったのですが、私の体は彼に押さえつけられていました。

第三章
“ン…ダメ!」と私は言おうとしました。しかし、突然の荒い手で股間を擦られて声が途切れました。少なくともそのときは、私はまだ意識がありました。股間を揉まれているうちに振り向くと、テントのチャックが開いて、何本もの手が私の体を触ったり、撫でたりしてきました。私は逃げようとしましたが、それは無駄でした。私は押さえつけられていた。待ち伏せされていたかのように、手を掴まれ、足を何本かの手で押し広げられているのを感じました。大きく広げられた後、私は誰かのペニスが私の中に押し込まれているのを感じました。私はそれに抵抗するのに必死でした。”やめて…」と言おうとしました。他に何も思い浮かびませんでした。私の中に挿入されているのが感じられました。私は抗議しようとしましたが、私の中に突き刺さっていたペニスが大きくなり始めました。”D…くそっ! もう我慢できない! もういい加減にして! ” 頭の中で激しい、激しい感覚があり、全身が激しく震えていました。私は静かに泣いていました。”やめて…” 言い返せなかった。言ったらまた犯されてしまうことがわかっていたからです。

第四章
私は、家の中に運び込まれました。彼は隣の部屋に仲間を呼びに行きました。私は裸でした。私は自分の体を見て、ベッドの上に横たわっていること、そして自分が全裸であることに気がつきました。私は何かかぶるものを探そうとしましたが、近くに毛布はありませんでした。もしあったら、すぐにくるまっていたでしょう。誰にも裸を見られたくなかった。これからレイプされることを誰にも知られたくなかった。部屋を見渡しているうちに、青い目の男の仲間が裸で部屋に入ってきました。そして、大音量でわけのわからないCDの音楽をかけ始めました。最初は抵抗しましたが、すぐに楽しくなってきました。私は興奮してやめられなくなりました。自分がどんどん濡れていくのを感じました。私の体は触られることに敏感になってきていて、うめき声をあげそうになりましたが、何か言おうとしてもわけのわからない音楽で完全に遮られてしまいました。彼らは、私のすべてを揉み始めました。

第五章

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。