掲載中の作品

翌朝目が覚めると、前夜と同じ服を着ていましたが、ワンピースを着て…

どうして その服を着ているのか わからなかったの 自分のことも 今の状況に合わせた着こなし方も 何も知らなかったけどせめて何か着ていこうと思って いつも通りの生活をしていました。高校生の時、私には彼氏がいました。彼は私のことを気に入ってくれて、付き合い始めました。付き合って最初の数週間は、物事は素晴らしいものでした。私たちはお互いに夢中になっていたので、私は自分の外見を気にすることさえありませんでした。私が着ているものは、私が着ることになっているものだと思っていたし、それでいいと思っていました。ドレスを着ることにも慣れてきていたし、見知らぬ場所で襲われて裸のまま放置されるのは本当に不快だった。

歩いていると、加害者に奪われた携帯から「今日死ぬんだよ」という声が聞こえてきました。振り向いてみると、そこにはもういませんでした。代わりに、私の前には年配の女性が立っていました。その年配の女性を見て、加害者の母親の友人だと分かりました。彼女は私に微笑みかけて言った。

Photo by wheelzwheeler

翌朝目が覚めると、前夜と同じ服を着ていましたが、ワンピースを着ているのがわかりました。襲われている間に脱いでしまったのでしょう。シャワーを浴びたのですが、シャツが体から破れていました。ブラジャーも破れていた

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。