掲載中の作品

彼女はシャツを脱ぎ、ブラのボタンを外した。

私のペニスがシルフィアの膣内に滑り込んできました。

凄い硬さを感じた。

強くて、力強い感触。

“あぁ・・・いや・・・気持ちいい・・・”

シルフィアスの美しい声がうめき声をあげながら震えていました。

俺のチンポは彼女の中に入っていた。

顔は見えないが、彼女の体の反応を感じた。

彼女は震えていた。痙攣している。

“「ん・・・・あぁ・・・気持ちいい・・・あぁ・・・はぁ・・・」

足を大きく開いた彼女は、必死に俺のタマを舐めていた。

気持ちよかったです。美人に犯されているのだ。

俺は彼女の腰を掴んだ。

俺は彼女の胸を強く握りしめていた。

“はぁ・・・・あぁ・・・・あぁ・・・・あぁ・・・・あぁ・・・・”

シルフィアは涙目で俺を見上げた。

綺麗な顔と目と唇で、とても可愛かった。

見ただけでわかった。

ただ一つだけ、彼女の気持ちがわからなかった。

(ただ一つ伝わっていないのは)

自分の中で湧き上がる快感を感じていました。

“シルフちゃんかわいいね!”

“す・・・す・・・シルフ・・・シルフィア!”

シルフィアは大きな声で泣き叫んだ。

彼女の涙目が私を見ているような気がしました

Photo by wuestenigel

彼女はシャツを脱ぎ、ブラのボタンを外した。

問題ないですよね?

もちろんです。ただの会話だから何?普通の会話じゃないでしょ?勘違いしたら大変なことになりますよ!」。

それって、からかうように言ってますよね?

そうだよ!」。

シルフィアも笑顔になった。

それじゃ、私はこれからお風呂に入るわね。寝る前に背中を洗ってあげるからね」。

わかった。

シルフィアは話しながら自分の部屋に戻っていった。

ふふ、お風呂に入るの?

うん、体を洗う時は気をつけてね。

わかった。では、先に服を脱いできます」。

シルフィアが服を脱いだ後、私も下着を脱いだ。

う–」。

裸になっても呻かずにはいられなかった。

それは男だからです。

じゃあ、体を洗ってくれる?

とシルフィアに尋ねると、彼女はうなずいた。

いいよ、ここでやるから少し待っててね」と言うと、シルフィアは首をかしげた。

シルフィアは洗濯機に向かって服を脱いだ。

痛かっただろうから、これだけやってるんだから、痛かっただろうな。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。