掲載中の作品

彼女は私と同じくらいの年齢で、淡い色のシンプルなドレスを着ていま…

刀が振り下ろされる音がした。
真っ赤な顔をした私を見た瞬間、彼女は私を襲おうとしていた。
その後、私はすぐに視界の外に飛び出した。
“う、うん、ごめんね…”
後ろから申し訳なさそうな声が聞こえてきて、私は慌てずにはいられなかった。
それでも、私は彼女にまともに答えなかった。
結局、私は城に入ってきたばかりの赤の他人に過ぎなかったのだ。
本当に謝っているのかどうかもわからないし、どうしたらいいのかもわからない。
“彡(゚)(゚)「気にしないでください。誰にも近づかせない、特にあなたには”
私は目線を前に固定したまま、無意識のうちに先ほど遭遇した女の子を探して周りを見回していました。
逃げているので、この角度からは見えないが、彼女の身体は見えた。
暗い部屋の中に青白い肌と細身の体が見えた。
彼女はドアに向かって走っていたが、ドアにたどり着く前にドアが開き、少女はこちらに向き直った。
少女は私より少し背が高く、私を見下ろしていた。
彼女の目は私を睨みつけるように赤くなっていたが、私は振り向きたくなかった。

Photo by cseeman

彼女は私と同じくらいの年齢で、淡い色のシンプルなドレスを着ていました。
顔を真っ赤にして私を見ていた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。