掲載中の作品

彼女の中に手を入れると彼女は喘いで私の手を押しのけようとしたこれ…

逃げなければならなかった 私は逃げなければならなかった!彼女は膝をついていて、俺は彼女の上に乗っかっていたが、彼女は悲鳴を上げていて、どうしたらいいのかわからなかった。射精しそうになったけど、したくなかった。彼女の中で精液を出したくなかったのは、その後に恐ろしい気分になると分かっていたからですが、彼女がどう反応するかが怖くて、彼女を傷つけたくなかったのも事実です。彼女を傷つけたくなかった。彼女は小さくて、俺は大きくて、動くのが辛くて、逃げ出したくなった。彼女は逃げようとしている最中だったけど、私が近すぎて怖かった。死ぬほど怖かった。すると突然、彼女はすぐそこにいて、彼女の足を私の首に巻きつけていました。彼女は私の首に足を巻いていて、私は落ちるかと思うほど私を強く握りしめていました。そうすると、彼女のアソコはとても濡れていて、私の太ももに擦り付けられるのを感じました。とてもセクシーでした。

まだ怖くて動けない俺は、彼女のクリトリスを俺の太ももに擦り付けていると、彼女のアソコの温もりが俺の太ももにすぐに伝わってきた。私はふと、彼女と一緒にザーメンを飲もうとしていることに気がつきました。俺は今にもイキそうだった。

Photo by TimWebb

彼女の中に手を入れると 彼女は喘いで 私の手を押しのけようとした これは何だ?これって、私が望んでいたものじゃないの?

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。