掲載中の作品

彼女の中に手を入れると、彼女は喘いで私の手を押しのけようとした。

“あなたも私のことを考えてくれているのは知っていますが、私がいなかったらここまで来れなかったと思います。”と私は彼女に言った。

彼女は目をそらし、彼女の唇を押し合わせた。”私はあなたが彼らに言っていないことを知っています “と彼女は言った、彼女の声は震えています。”秘密を守るのは大変だった”

私は他の女の子を見渡した。彼女たちは目を閉じていた 彼女たちの誰一人として、何が起こっているかを認識していないように見えました。私は彼女の方を向いた “何を言ってるの?私は誰にも話したことがない。言っても誰が信じてくれるかわからない。信じてくれるかどうかもわからない。みんな女の子なんだから。”

“そんなことないわ” (山里)”そうなんですか?” (徳井)”そうなんですか?”あなたの言う通りだと思う “そうだと思うわ いや、私も信じられない。”私は本当に多くの人のことを知らない”

“信じてくれるなら なぜもっと早く言わなかったの?” 私は彼女に尋ねた

彼女の目が開き、彼女はうなずいた。”私は知らない。最初にしたことは、鍵を変えることでした。”

私は信じられないように彼女を見た。彼女が部屋に鍵をかけられていたとは知らなかった

Photo by cseeman

彼女の中に手を入れると、彼女は喘いで私の手を押しのけようとした。これは何だ?もしかしてこれが、私が望んでいたものか。私はこの時まで、女の子どうしの付き合いをよく思わなかった。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。