掲載中の作品

私たちは一緒にベッドに入りました。

RAWペーストデータ

“みゆき、大丈夫?” 美由紀が寝静まった後、私は尋ねた。彼女は目を閉じて、私の胸に顔を埋めていました。彼女は片腕を私の肩に、片腕を私の腰に回していました。彼女は小さな笑顔を浮かべていました。” はい、大丈夫です」と彼女は言った。”でも、あなたはとても冷たかった」と彼女は言いました。私には理解できませんでした。彼女は私が冷たかったと言っていたのです。”あなたが寒かったからこうなった “と言っていたのです。”みゆき “と私は言った “あなたが寒かったからそうなったと言った “そうなの?じゃあ、私が寒かったから言ったことを知らなかったの?”いや、知らなかったよ “と彼女は答えた。”それじゃ何も起きなかったの?” と聞いてみた。みゆきは首を振った。彼女はまだ私の肩を掴んでいた。”あなたが眠っていて、あなたが寒かったので、私があなたを起こしたような意味ですか?”彼女は尋ねた。”多分、あなたは正しいです “と私は言った。”たぶん私は疲れすぎて気づかなかった” “わかった “と彼女は言った “それが秘密を守るのが難しいと言った理由か?” 彼女は笑った。私は安堵のため息を吐いた。”ああ、あなたはそれらを教えていないのですか?” 彼女は尋ねた。私はうなずいた

Photo by ☼☼Jo Zimny Photos☼☼

私たちは一緒にベッドに入りました。みゆきが眠りにつこうとしたときにみゆきの中に手を入れると、みゆきは喘いで私の手を押しのけようとした。これは何だ?もしかしてこれが、私が望んでいたものか。私はこの時まで、女の子どうしの付き合いをよく思わなかった。“あなたも私のことを考えてくれているのは知っていますが、私がいなかったらここまで来れなかったと思います。”と私はみゆきに言った。 みゆきは目をそらし、みゆきと私の唇を押し合わせた。”私はあなたが彼らに言っていないことを知っています “とみゆきは言った、彼女の声は震えています。”秘密を守るのは大変だった” 私は他の女の子を見渡した。他の女の子は目を閉じていた。彼女たちは、私とみゆきの間に何が起こっているかを認識していないように見えた。”続きをやりましょう。”と私が言うと、みゆきも”そうね。”と言った。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。