掲載中の作品

先生は生徒を帰宅させるが、特に機嫌が悪い。

ナレーション

それこそが、私たちが聞きたいこと!

田中清美教授は、幼少期を鶴巻の小さな農村で過ごした物理学者です。現在はマサチューセッツ工科大学(MIT)で材料科学と工学の教授をされています。星の科学を幼い子供たちに説明するのは簡単ではないという。

田中清美教授

私たちは、宇宙には物質とエネルギーがたくさんあることを伝えようとしています。私たちは宇宙がどのようにして エネルギーと物質でできているかを 伝えようとしています 子供たちにそれを説明するには、電子という概念を使うしかありません。

ナレーション

彼は、星は電子でできた小さな機械のようなものだと考えています。星のエネルギーが星から来るなら、星から来るエネルギーのすべての種類があるはずです。

田中清美教授

太陽や星の中にある電子は非常に小さな粒子です。私たちの生活に大きな影響を与えています。

ナレーション

エネルギッシュな粒子は、実は私たちが星と思っているものです

Photo by palbion

先生は生徒を帰宅させるが、特に機嫌が悪い。彼女はクラスの課題で苦労しています。子供たちは彼女の課題を手伝おうとしていますが、先生はそれにも困っています。子供の一人は彼女の先生の大ファンですが、先生はその先生と問題を抱えています。生徒の一人は校長先生の娘で、先生のことを知っていて、先生は「あなたのことを知っている。バスケの試合で見かけて、私のことを教えてくれたのはあなただった “と。新しい助手を見つけた先生は、新しい先生と娘さんが同じ学年であることを子どもたちに伝えます。

娘は、いろいろ考えているうちに、友達が帰宅途中であることに気がつきません。彼女の友人が運転していて、運転手と話をするために立ち止まります。運転手が「私の先生の大ファンなの?」と聞くと、娘は「いいえ、彼女は私の先生ではありません」と答えます。運転手が理由を尋ねると、娘は “彼女は先生だけど、子供とは話せない “と答えます。運転手は笑います。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。