掲載中の作品

私たちは一緒にベッドに入りました。

“みゆき、離して” 私はみゆきの頭のてっぺんを撫でた。
 
  “何をしているの?” みゆきは怒って私に尋ねた。
 
  “あいつらにできないことをやろうとするんだ” これが私の推理だった。
 
  “だから教えてよ”
 
  “言わないの?”
 
  “いや 知らないほうがいい”
 
  “そうは思わない”
“じゃあ どう思う?”
“言ったら嫌われる”
 
  “嫌われるのは私だけ”
 
  “それは重要ではありません。”
“いや、重要だ”
“大事だよ”
“みゆきは” “優しく微笑みました 彼女は手を上げて、私のチンコに手を巻きつけた。私はうめき声をあげました。
  
私は彼女の手にもたれかかり、彼女の胸に顔を押し付けました。美由紀さんの指が私のタマに巻き付いてきて、しぼってくれました。私は彼女の手の中でイッてしまいました。美由紀の目は閉じられていて、息が荒くなっていました。俺はチンポを引き抜き、先端をしゃぶりました。舐めたり、しゃぶったりしました。彼女の息が速くなり、また体が緊張してくるのが感じられました。彼女は再び俺のチンポに口をつけ、俺は再びイッてしまった。俺は指を通して彼女の息を吸いました。

Photo by johanoomen

 私たちは一緒にベッドに入りました。私が眠りにつこうとしたときに、みゆきが私の服の中に手を入れた。“とても気持ちよかった”。私は喘いで、みゆきの手に触れた。みゆきは微笑んだ。それから、私を寝かせて、その上に乗った。みゆきは目をそらして、みゆきの唇を私の唇に押し合わせた。
 ”私はあなたが彼らに隠していることを知っています “とみゆきは言った。彼女の声は震えていた。”秘密を守るのは大変だった” 私は他の女の子を見渡した。他の女の子は目を閉じていた。彼女たちは、私とみゆきの間に何が起こっているかを認識していないように見えた。
 ”続きをやりましょう。”と私が言うと、みゆきは私の胸を揉みしだいた。みゆきはかすかに微笑んで、それから足を大きく開いていた。みゆきは私の上に移動し、両手を私の下に滑らせました。私は仰向けになり、後ろからキスをされていました。私が横向きになると、彼女は胸から腰にかけてキスをしていました。後ろからの彼女のタッチを楽しみたかったので、少し足を広げていました。
 二人の女の子が手を引くと、みゆきは私のお尻に手を置いてきました。みゆきは私のアソコを舐め回しました。彼女は私のお尻に手を置いて、私のパンティを片方に引き寄せました。彼女はゆっくりと指を私のアソコに滑らせ、撫で始めました。彼女は私のアソコに指を出し入れしてから、私の口の中に指を出し入れしました。彼女は私の口の中で、そして私のアソコの中で指を使いました。”気持ちいいね “と彼女は私に言いました。”そうしなくちゃ “と私は言いました。口の中に指を入れて、指を舐め始めました。私は柔らかく呻きました。みゆきは指を口に入れたまま、それを続けました。みゆきは、私のクリトリスを揉み始めました。”あ、みゆきちゃん!” ”やめないで “。彼女は私のアソコに指を押し込んで、”うん “と言った。みゆきは指をアソコに出し入れしました。みゆきは私のアソコに指を出し入れすると、彼女は私の口に指を入れた。彼女は自分の指をアソコに入れて、長く舐めていました。彼女は私のアソコに指を入れ、上下に擦り付けてきた。
 わたしがまた呻くと、今度は彼女は私のアソコの唇を舐めはじめた。彼女の舌が私のクリトリスに軽く擦り付けられているのを感じました。私は、「これは他のものと同じくらい気持ちいいのかな」と思いました。私は大きく息をしていて、みゆきの舌が私のクリトリスに触れているのを楽しんでいました。私はそれに夢中になっていました。彼女は自分の足を少し広げた。それによって、みゆきのクリトリスは、わたしの顔の目の前になった。私はみゆきのクリトリスにキスをしながら、彼女の足に顔を擦り付けた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。