掲載中の作品

二回目の夜は、前回と同じ服を着ていました。

“あなたは女の子じゃない。お前は俺の彼女じゃない」と言った。私はシャツが破れ、ズボンに大きな膨らみがあるのを見ました。私もみゆきも汗まみれになっているのが見えました。部屋を見回してみると、誰もいませんでした。アパートには誰もいませんでした。寝室に駆け込むと、ベッドの上で寝ている少女らしき人がいた。彼女は大きく息をしていた。私は立ち上がって彼女を起こそうとしましたが、彼女は来ませんでした。仰向けになると、ズボンの中に大きな膨らみが2つありました。

Photo by IntrepidExplorer82

 二回目の夜は、前回と同じ服を着ていました。私はいつもの白いシャツに半袖を着ていました。髪はポニーテールにして、野球のジャケットを着ているように見えました。
 ”これでいいの?”みゆきが尋ねました。彼女は私の股間に手を置いて、私の中に移動しました。彼女の胸は温かく、柔らかい音を立てていました。シャツの生地が彼女の手に触れて柔らかくなっています。すると、奇妙な音がしました。それは普通の音ではありませんでした。二人がセックスしているような音でした。二人がセックスしている音は、温泉に入っているような音でした。男の声なのか女の声なのかはわかりません。私は悲鳴を上げると、私の体をみゆきに押し付けました。"私たちは女の子なんだから”とみゆきは言った。きっと隣の部屋よ。このアパート、壁が薄いから。
 “ママによろしく言っておいてね”と私が言うと、”私たちの秘密を話したら、お母さんは喜ぶとは思わないわ”みゆきはまたキスをしながら言った。
 みゆきは、壁に耳を当てて、隣の部屋の音を聞きました。すると、大きな音を立てて、壁が

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。