掲載中の作品

次の日のことです。

そして、美由紀の口の中に射精した。精液が流れ込むと、美由紀はそれを飲み込み、少年のペニスを丸ごと飲み込んだ。そして、ゆっくりとペニスを抜いた。そして、美由紀の顔にキスをし始めた。私は怖くなって部屋を飛び出しました。部屋から出てきたのは、少し年下の女の子でした。
 
「 みゆきちゃん、ダメだよ。(静流) ダメだよ!(みゆき) 男の子を見下してんじゃねえぞ!(吉森) ダメだよ!」
「 私は…ごめんなさい ごめんなさい ごめんなさい!」
「 この度は大変申し訳ありませんでした。もう二度とこんなことはしません。」
「 わかったわ 言われた通りにします。」
完全にびっくりさせられました。男の人はとても優しく接してくれました。冗談だと思っていたが、心臓がバクバクしていた。
「 みゆき、今回は前みたいなことはしない。もうやめてほしいです。そんなことしないで!」
「 あなたの言う通りにします。約束します 」
「 私が責任を持って対応させていただきます。」
男はまた嘘をついているのかと思ったが、「嘘はつきません」と笑顔で言ってくれた。

Photo by jean louis mazieres

次の日のことです。“どうしたの?”みゆきは、私が服を脱いでいる間、壁に耳を当てて隣の部屋の音を聞きました。すると、イライラした声が聞こえてきました。大きな音を立てて、壁が崩れました。すると、目の前に、裸の男が二人、重なっていました。彼らは、高校生でした。私たちは、悲鳴を上げました。彼らは、私たちしかいないのを見ると、壁の穴に手をかけて、こちらへ入ってきた。
 少年は、みゆきの胸をみて、”うわぁぁぁぁぁぁ。みゆきちゃん、大きいね!”と言った。”背の高い少年は、かずはちゃんはまだ子供だからね”と言った。そして、震える手でペニスを抜き出して、それを私の口に入れた。それは高校生のペニスでした。頭部の直径が大きく、大人のものよりも大きいように思えました。少年の顔が少し赤くなっていた。みゆきは、”貰うよ!と言うと、もう一人の、背の低い少年のペニスを掴んだ。”みゆきちゃん、何してるの?”もう一人の少年が言った。みゆきは”食べてるんだよ!”と言って、ペニスを口の中に入れた。まさかみゆきがそんなことをするとは思ってもいませんでした。「うわー、口の中は熱い!」”このままペニスを食べ続けると折れてしまう……”みゆきは言った。すると、

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。