掲載中の作品

一日が終わった後、ママに話しかけました。

私は70年代半ばに生まれました。生後1年目の時、母は私を妊娠していました。実父は実父にレイプされていた男で、私が生後数ヶ月の時に亡くなりました。母は私たちを養うために必死に働かなければなりませんでした。母は私たちを養うために何人もの男を引き取らなければなりませんでした。夫は仕事を持つことができず、いつも出張で留守にしていました。私たちが快適な生活を送れるように、母はいつも仕事を見つけようとしていました。父は、母が私の母親になりたいと思ったら、父は関わらないとはっきりと言い切っていました。母は娘のことをとても誇りに思っていました。彼女は私を楽に育ててくれましたが、女性であることの大切さを理解するまでには数年かかりました。私が女性になったことに気付いたのは、高校生になるまででした。

母と父はとても仲が良かったのですが、私たちが成長するにつれ、私にはもっと自立が必要だと感じ、父も同じように感じていました。tのことを言っていました

Photo by USAG-Humphreys

一日が終わった後、ママに話しかけました。‘胸が大きいね!’と。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。