掲載中の作品

私は、道端で”胸が大きいね!

この本は短くて面白い話です。私のお気に入りは、語り手がバーにいて、誰かが彼氏のことを考え直していることを話しているところです。私の友人も最初に彼氏と付き合った時に同じような経験をしていました。

私が学んだこと。男に好きになってもらう一番の方法は、彼の好きなバンドの大ファンであることを彼に伝えることだ。

物語は、小さな町で育ちながらも、今では世界を旅している女性の話です。彼女はカフェで出会ったミュージシャンの大ファンでもあります。

私が学んだこと。好きなアーティストの話を一日中していれば、その人はもっと好きになってくれる。実際にあったことだから知っている。

この物語は、彼の国のロックバンドのファンでありながら、そのバンドのことを何も知らない青年の話です。彼はそのバンドのファンである若い女の子と出会い、曲を読んだり、バンドのことを考えたりして日々を過ごします

Photo by BendingRiver

私は、道端で”胸が大きいね!”と話しかけられました。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。