掲載中の作品

夜道を歩いていた時のことです。

私はショッピングモールにいました。この人がニコニコしながら私を見ていました。私は安心した。彼は微笑むのをやめた。彼はまた振り向いて、私に売春婦かどうか尋ねた。私は “いや、ただの大学生だ “と答えた。彼は “君の胸にお金を入れたい “と言った。私は “でも売春婦じゃない “と言った。彼は言った “いや、お前が売春婦だ” 私は “知ってるよ “と言った。”彼氏はいるかと聞かれて “いない “と答えた “彼氏がいたらいいな “と言われて “いいよ “って言ったの “今日 彼氏と付き合うことになった “って言われて 周りを見渡してみた。怖かった。後ろを見た。彼はまだ私を見ていた。私は窓の方を見た。彼はまだ見ていた。私は壁を見た。彼はまだ見ていた。私は歩き続けた 私は歩き続けた。私は歩き続けた。私は後ろを見た。彼はまだ私を見ていた。街灯を見た。彼はまだ見ていた 壁を見た。彼はまだ見ていた

私の友人が学校から歩いて帰宅していると、男の人が彼女に近づいてきました

Photo by wuestenigel

夜道を歩いていた時のことです。突然目の前に男の人が現れて、”君の胸は大きいね!”と言ってきました。彼は “どうして大きいの?”と言った。私は “いろいろな人に揉まれるため。だけど、あなたは触っちゃダメ。“と言った。彼は “そうか、君は胸が大きいから、、“と言った。私は、再び駅への道を歩き出した。怖かったわ。どうしたらいいのか分からなかった。怖くて仕方がなかった。歩き続けた。私は歩き続けた。私は後ろを見た。彼がまだ見ていた。私は窓を見た。彼はまだ見ていた。私は街灯を見た。彼はまだ見ていた。私は壁を見た。彼はまだ見ていた。数秒後、彼は走って私のところへ戻ってきて、“君の大きな胸を触りたい “と言った。私は “わかった、どうすればいいの?”と言った。彼は“歩き続けて、どこか人のいないところへ行って。“と言った。彼は私の後をつけ始めた。彼は私の後を追い続けた。私は公園に向かって歩きました。私は通りに沿って歩き続けた。彼は私の後をつけていました。私は、公園についた。彼の手が、私の胸へ伸びてきた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。