掲載中の作品

日本の空には窮屈なドローンしか飛んでいない。

日本政府は、ドローンの映像を撮影して放映することを違法とするように法律を改正することを検討している。
しかし、新法改正にはすでに経済産業省から批判の声が上がっている。
経産省の池田茂代表は、地元紙の取材に対し、新法は “執行不能 “になると語った。
アマチュア写真家や趣味の人の多くが、単純に罰金を払わないからだ。
“当局が有効な手段を講じて阻止するのは難しい “という。
“警察からは、1人や2人が捕まったら突入すると言われていました。しかし、今は間違って捕まってしまったようで、簡単に他国に逃げてしまう可能性がある」と付け加えた。
この案は現在、政府で検討されている。
日本政府はまた、私有地でのドローン飛行をすでに規制しているように、都市の範囲内でのドローン飛行を規制する法律を導入するかどうかを検討している

Photo by Marc Veraart

日本の空には窮屈なドローンしか飛んでいない。
欧米やアジア、アフリカなどと比較すると分かりやすい。
飛んでいる、あらゆる場所で自由に飛んでいるのだ。
海外のニュース映像でドローンが交通渋滞を近距離撮影する映像をみて危ないと思うのは、国際感覚からズレているのだろうか?

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。