掲載中の作品

東海の小島の磯いその白砂にわれ泣なきぬれて蟹と戯むる頬につたうな…

私はいつもこの美しい歌を覚えています

涙が出てきて唇が震えている

雨の中を歩く

昼下がり

私はこの街の通りを歩いて渡ることになります

母と一緒に

過去の話をします。

と未来のことを話しています。

私はこの街に住むことになる

我が家では

私はこの街に住むことになる

我が家では

私はこの街に住むことになる

で、この料理を食べることになるのですが

こんなものを食べていると

私はこの魚を食べることになります

この水を飲んで

この空気を吸って

と生きていくことになります。

生きていくことになります。

涙が出てきました。

おねしょ

涙が出てきました。

おねしょ

涙が出てきました

Photo by The return of the spiceymexrice!

東海の小島の磯いその白砂に
われ泣なきぬれて
蟹と戯むる

頬につたう
なみだのごはず
一握の砂を示し人を忘れず

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。