掲載中の作品

私はいつものように始めました。

いい子にしていないことに罪悪感を感じていました。彼を失うことがとても不安でした。もっと彼に触らせないといけないと思っていたので、また彼を失うような気がしました。彼は私を失い、私は童貞を失っているような気がしました。私はショックで怖かったです。

緊張しすぎて何をしていいかわからなかった。自分が性的暴行の被害者であることを友人に話すのはとても恥ずかしかったです。

最初に思ったのは、自分が何か悪いことをしたのではないかと思ったのですが、何が悪いことをしたのかはわかりませんでした。レイプではないことに気づいていなかったと思います。何が起きているのかわからなかった。暴力を振るわれているとは思わなかった。自分の行動がそれを可能にしているとは知らなかった。

ショックで どうしたらいいのか わからなかった 彼をどう呼べばいいのか わからなかった 彼は私の元を去るか、私を傷つけるのではないかと思っていました。彼が私を傷つけようとしているとは知りませんでした。彼のタッチが私が持っていたものを失うような気にさせるとは知らなかった、どうにかして彼は私からそれを奪うことができると思っていた。彼は私にもっと悪いことをすると思っていました

Photo by Can Pac Swire

私はいつものように始めました。彼が性的に欲しいもののリストを作ったの 彼が欲しがっているものを全てあげました。彼も欲しがっていることを知っていましたが、それ以外は、私が処女であることを知っていました。彼はいい人だと言ったわ 私は彼を愛していると言いました。私は彼が望むことを何でもさせてあげなければならないと言ったの 私は女の子だったから 好きなようにさせてあげようと思ったの 彼が初めて私に触った時は 慎重だったわ 彼は私の嫌がることは何もしなかったわ パンティの中を触られたの ビキニの下を触られたの 下着の中を触られたの 自分で言ったのを覚えています

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。