掲載中の作品

私は、彼氏の写真を見ていた時のこと。

友達と道を歩いてたら 後ろから男の人が来て キスしてきて その時は “これは絶対にやらなきゃいけないことだ “って思ったんだよね。

* * *

“踊っていたら、見知らぬ男が私の後ろから近づいてきて、私の体を触ってきたの。私は自分自身に(体に)言い聞かせて、『彼の好きなようにさせてあげよう』と言いました。私は自分自身に言い聞かせて、『彼のやりたいようにさせるつもりだ』と言いました。これは絶対にやらなければならないことだ』と自分に言い聞かせました。

“下を見ると、私のパンツが膝のあたりまで下がっていて、彼の手がパンツの中に入っていることに気がつきました。私は『このままじゃダメだと思う』と言って逃げ出しました。友達の一人にはそのことを話しました。それを乗り越えるのに時間がかかった。”

* * *

“ダンスをしていて、友達とパーティーをしていたんだ

Photo by Freddirich

私は、彼氏の写真を見ていた時のこと。彼氏の写真を見て衝撃を受けました。彼のペニスは私の拳の大きさでした。それは巨大でした。私が”こんなに大きかったかしら”と言うと、突然窓から男の人が入ってきて、”君の胸は大きいね!”と言ってきました。彼はどうして大きいの?”と言った。

* * *

“友人数人とのパーティーで笑い合っていたら、気がついたら全裸になっていた。私は服を着ていなかった。男の人が私の後ろに来て、私にキスをし始めました。私は自分に言い聞かせました。好きなようにさせてあげるしかない』と自分に言い聞かせました。好きにさせてあげよう』と自分に言い聞かせました。”これは絶対やらなきゃいけないことだ “って 自分に言い聞かせてたんだけど でも やる気になれなくて 友達にどう思われるか考えてたし 彼にしてあげたいことを ずっと考えてたの そうしないと 屈服することになるって気づいたの 私はひどい女になってたわ 私にはできなかった。だから、『よし、この人に好きなようにさせてやろう』って言ったんです。緊張していたし、恥ずかしい思いをするだろうし、自分自身も苦しくなってしまうだろうと思っていました。でも、自分を止めることができなかった。自分を止めることができなかった。やらなきゃいけなかった やるしかなかった。数秒後には、私にはもうどうしようもないことになっていました。

* * *

“初めてセックスしたのは17歳の時。3年付き合った彼氏に振られたばかりだった。お酒を飲んでいたら、ミュージシャンの友達に会ったんだ。彼は20歳で、”ビキニが似合うよ “と言われた。”冗談だと思ったわ 友達を見て “彼女はとても綺麗だ!”って言ってくれたんだけど、私は “本当?友達は私が一番ホットな人だと思ってるの?” 面白いとは思ったけど、本当にやりたいのかどうかはわからなかった。何人かの友達にも聞いてみたけど、彼らはそれでいいと言ってくれたけど、本当にやりたいことなのかどうかはわからなかった。誰もいなかったし、17歳になった今、この男とセックスしようとしていたの。家に帰って 夕食にワインを飲んだの 寝室に行き、ベッドの上に横になってオナニーを始めました。10分ほどオナニーをしていました。数分ベッドに横になっていると、誰かが階段を上ってくる音がしました。その人が来るのが聞こえましたが、私は動けませんでした。追い詰められていました。気絶しそうになりました

いい人だと伝えよう 彼を愛していると言うつもりです。私は彼が望むものは何でも彼にさせるつもりだ。私は彼が望むものは何でもさせるつもりだ。そして、私は彼が望むことを何でもさせてあげようと思います。彼は私より年上で、私より優れていた。彼は私を手に入れることができた。私はそれを望まなかった 彼の望むものを与えたくなかった 私は急いで服を着て寝室に行き、彼に「出て行け」と言ったの。

私はいつものように始めました。彼が性的に欲しいもののリストを作ったの 彼が欲しがっているものを全てあげました。彼も欲しがっていることを知っていましたが、それ以外は、私が処女であることを知っていました。彼はいい人だと言ったわ 私は彼を愛していると言いました。私は彼が望むことを何でもさせてあげなければならないと言ったの 私は女の子だったから 好きなようにさせてあげようと思ったの 彼が初めて私に触った時は 慎重だったわ 彼は私の嫌がることは何もしなかったわ パンティの中を触られたの ビキニの下を触られたの 下着の中を触られたの 自分で言ったのを覚えています

いい子にしていないことに罪悪感を感じていました。彼を失うことがとても不安でした。もっと彼に触らせないといけないと思っていたので、また彼を失うような気がしました。彼は私を失い、私は童貞を失っているような気がしました。私はショックで怖かったです。

緊張しすぎて何をしていいかわからなかった。自分が性的暴行の被害者であることを友人に話すのはとても恥ずかしかったです。

最初に思ったのは、自分が何か悪いことをしたのではないかと思ったのですが、何が悪いことをしたのかはわかりませんでした。レイプではないことに気づいていなかったと思います。何が起きているのかわからなかった。暴力を振るわれているとは思わなかった。自分の行動がそれを可能にしているとは知らなかった。

ショックで どうしたらいいのか わからなかった 彼をどう呼べばいいのか わからなかった 彼は私の元を去るか、私を傷つけるのではないかと思っていました。彼が私を傷つけようとしているとは知りませんでした。彼のタッチが私が持っていたものを失うような気にさせるとは知らなかった、どうにかして彼は私からそれを奪うことができると思っていた。彼は私にもっと悪いことをすると思っていました

* * *

“床屋に行こうとしたら 彼らに呼ばれた時 私はただ早くそこから出たいと思っていました ‘ここから出たいだけなんだ’と私は言いました。’ここから出たいだけなんだ。”もうこれ以上関わりたくない “と 私は泣き出した

床屋さんに自分の状況を話したら、『他に何か問題があるのか、それとも何か?”失うものは何もないような気がする “と言ったら 彼は言った “電話してくれれば何とかするから 私は立ち上がって家に帰って泣き始めました。家族に電話して言ったの “もう無理だ “って カリフォルニアの母に電話して言ったの “もう無理だ “って 泣き出したわ 怖くて怖くて、早くそこから出たいと思っていました。”

“アパートに一人でいました。パソコンで写真を見ていたら、突然肩に手が置かれた。振り向くと、そこにはこの男がいた。彼が友人なのか見知らぬ人なのかはわかりませんでしたが、考える暇はありませんでした

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。