掲載中の作品

***女子寮のパーティーで、私はミニスカートを履いていました。

[3.11.8]

[3.11.9] こんな風に誰かに支配されていると感じたのは初めてだったので、何も言えませんでした。私は何も言えませんでした。私は何も言えませんでした。私は何も言えませんでした。もし何か言って止めなかったとしても、私はどうなってしまうのだろうか。私にはわからなかった。私は無力でした。私は無力でした。

[3.11.10]

3.11.11】逃げられませんでした。私は逃げられませんでした。私は逃げられなかった。私は必死で逃げようとしていた。私は必死に逃げようとしていました。必死に逃げようとしていた。彼は必死に逃げようとしていた。言葉がなかった 言葉はありませんでした これがそのように感じたことです。これがそのように感じたことだ これがそのように感じたことです 私は混乱していた 私は混乱していた。

[3.11.12]

3.11.13】一緒にいたもう一人の女の子が逃げようとしていた。男が逃げようとしていたので、彼女も逃げようとした。私は混乱した。混乱してた

[3.11.14]

[3.11.15] 私は混乱していました。私は混乱していた。私は混乱していた

Photo by Freggs

* * *

  女子寮のパーティーで 、私はミニスカートを履いていました。何人かの友達と笑い合っていたら、誰かが私のスカートの中に手を入れた。太ももに手の温もりを感じました。私は混乱していました。すると、その人は、お尻を掴んできた。男の人が私の後ろに来て、私にキスをし始めました。私は自分に言いました。私は自分に言い聞かせました。「彼の好きにさせてあげよう」と自分に言い聞かせました。数秒後には、私にはもうどうしようもないことになっていました。私のパンツが膝のあたりまで下がっていて、彼の手がパンツの中に入っていることに気がつきました。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。