掲載中の作品

結婚後初めての夜は、庭でセックスをしました。

両親が町に来ていて、一緒に行こうと思っていました。興奮してアパートに行くと、台所のカウンターの上にローションの瓶が置いてありました。私の足の下はすでに濡れていて、アソコもびしょ濡れでした。私はボトルを手にソファに座り、その潤滑油で体に潤滑油を塗り始めました。

父は私を見てコメントをしました。私は父の方を向いて “出てこないよ “と言いました。父は私の答えにショックを受けていました。私は “アソコに潤滑油を塗っただけ “と言った。彼は「えっ!?ママの彼氏とヤッてるの?なんで?”

私は “アパートに行けばチンポを出させてくれるって言われたからヤッた “と言った。” 父は「地獄に落ちろ!」と言った。地獄に落ちろ!」と言われました。

私は地獄には行かないと知っていました。潤滑油の瓶を手にアパートに行ったことで、地獄に行くことを知ったのです。私は「何を言っているのか分かっていない」と真剣に言いました。彼が何かを言おうとしているのがわかりました。私はとても悔しかったです……。

Photo by wuestenigel

結婚後初めての夜は、庭でセックスをしました。小雨が降っていました。彼は私を優しく包み込み、私のアソコに大きなチンコを入れ始めました。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。