掲載中の作品

結婚後初めての夜は、庭でセックスをしました。

夫は大の恋人です。週に5回は愛し合っています。私たちは二人とも20代前半です。結婚して2年ちょっとです。昨夜は初めてのお泊りだったので二人で来たのですが、私は動揺して泣いてしまいました。私には何も問題がないのはわかっているので、彼には言いませんでした。私が帰るときには、彼のパンツは足首のあたりで下がっていて、足を広げていました。私はとても動揺していました。動揺していることを伝えたかったけど、嫌われていると思われたくなかった。私は彼のおちんちんを手に取り、口に入れて長い間しゃぶり続けました。もう我慢できなくなった時、私は “あなたに怒っている “と言いました。
彼は “気にしない “と言いました。私は “気にしない?”と言った。彼は「気にしない」と言ってソファに腰を下ろしました。私はそれが悪い兆候だと知っていました。気にしていないと言って欲しかったです。
だから私は「嫌な奴って呼んでごめんね。そんな風に呼んでくれたあなたが憎い。あなたに腹が立って仕方がない。どうしたらいいのかわからない”
彼は “何もしなくていいよ。私が面倒見てあげるから”
私は「そんなこと言ってごめんなさい

Photo by Elvert Barnes

結婚後初めての夜は、庭でセックスをしました。家に帰ると、台所のカウンターの上にローションの瓶が置いてありました。私の足の下はすでに濡れていて、アソコもびしょ濡れでした。私はボトルを手にソファに座り、体に潤滑油を塗り始めました。小雨が降っていました。すぐに彼が帰って来ました。私は”雨が降ってるよ”と言いましたが、彼は”かまわない。”と言って、窓から外へ出ていきました。私もついていきました。
 私たちは、服をすべて脱ぎ捨てました。私は彼の玉を手に取り、揉み始めました。彼は何も言わず、動かなかった。突然、彼は私を押し倒し、

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。