掲載中の作品

長かった一夜が明け、逃げるようにホテルを後にした。

彼らはアヤトラ・ホメイニを暴君と呼んでいますが、私が人々に「イランの暴君は誰ですか?国全体を支配しているのは誰ですか?”と聞くと大多数の人はアヤトラ・ホメイニに戻ってきます。”

市場に行きました。

そこには果物、野菜、肉などあらゆる種類の食材が並んでいました。

カートンを売っている女性がいて、私はいくつか買った。

市場で、私はその女性に「大丈夫ですよ。私はアメリカ人です。何でも買えるよ」と言いました。

彼女は私を信じずに言った “誰が知ってるの?あなたはスパイかもしれない」と言った。

私は「スパイではありません。私はただ質の良い食べ物を買いたいだけの客です」と答えました。

彼女は本当に怒っていました。”ほら、彼はアメリカ人よ。彼はイランのスパイかスパイだと思っていました。私は彼に “私の食料品のカートンは売らない “と言ったんです。”

私はとても怖かったです 私はホテルに戻り、妻に話しました。

彼女はトルコ人の友人に電話をして、「ごめんね、イランがこんなに悪い国だとは知らなかった。イランに行って、どんな感じなのか見てみたい」と言っていました。イラン人は文明人だと思っていた”

テヘランに着いても、他のアメリカ人を見かけることはありませんでした。

Photo by cseeman

長かった一夜が明け、逃げるようにホテルを後にした。
街では子供達が元気に遊んでいる。

子供たちが街で遊んでいる様子を見ても、悪者役の子供がホメイニ!、ホメイニ!と言われて、はやし立てられていた。

トルコ人はイランの国家元首ホメイニ師が大嫌いらしい。

街で出会ったおっさんはホメイニ師を批判し、
アフガン、パキスタン、シリア、アラビア、そしてこのトルコがグッド・モスリムだ。イランはノーグッドだ。
と言っていた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。