掲載中の作品

私はスカートを上げて、彼のチンポでアソコを擦りました。

まだまだ初心者だったので、何のネタもありませんでした。それが、自分のライフスタイルになってきていて、実際に楽しんでいることに気付き始めました。どんどんハマっていきました。彼が嫌がると思うことをやろうとしたときに、「やっていい?彼がイエスと言ったら、私はそれをします。彼がノーと言ったら、私はそれをするのをやめるでしょう。彼が怒っても気にしないくらい夢中になっていました。やめてしまうの 彼は私の個人的な性玩具のようなものでした。驚くほど楽しかったわ

ある夜、私は酔っぱらって頭が真っ白になっていたので、彼にセックスさせてくれるかどうか尋ねました。彼はイエスと言った。彼は、もし私が来たら、私だけが居場所を知ることになり、彼は他の誰かに教えてしまい、私はトラブルに巻き込まれるか、好きな人とヤれるかのどちらかになるだろうと言いました。そうしたわ それからまたムラムラしてきて、本当にエッチなことをすることにしました。彼は、数分だけ来ないかと聞かれました。私はそうしました

Photo by Free Public Domain Illustrations by rawpixel

私はスカートを上げて、彼のチンポでアソコを擦りました。彼のチンポの上でイッたらエッチしてあげると言われたので、イッてみました。イッてしまいました。彼が抜いて掃除をするまでは本当に長い時間でしたが、その後は何度でも好きなだけヤらせてくれると言ってくれました。それからは、もっとイキたいと思っていたら、必ずイかせてくれました

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。