掲載中の作品

15歳の少女エミリーは、学校の校長から性的暴行を受けていた。

襲撃された日、エミリーは教室にいた。階段を上っていた彼女は、校長先生を除いて教室に誰もいないのを見た。彼女が犯行届を出しに行くと、すぐに学区に通報された。しかし、校長は2日後まで警察への協力を拒否した。校長が到着すると、事務所の電気をつけるように言われた。しかし、校長は学校心理士に「電気をつけるつもりはない」と話したという。警察に通報され、5分以内に学校に入った。管理人も警察が教師からの事情聴取を許可することを拒否していた。

エミリーさんがオフィスに向かって歩いていると、大きなブリーフケースを背負った大柄な男性が目に入った。彼は “君を迎えに来た “と言った。男はエミリーの背後に近づき、彼女をレイプし始めた。エミリーは抵抗したが、男は彼女から引き離した。そして男はエミリーを階段から突き落とし、引きずり下ろし始めた。エミリーは男から自由になることができましたが、男はエミリーの顔を殴りました

Photo by wheelzwheeler

 15歳の少女エミリーは、学校の校長から性的暴行を受けていた。彼女は留年がほぼ確実だったが、特別に進級を許された。次の日、校長は彼女を自宅にお泊りに招待した。その夜、彼女は薬を飲まされてレイプされた。彼女は、この先の進級と進学が約束された。かわりに、彼女は「仕事」をすることになった。その「仕事」とは、校長にレイプされることである。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。