掲載中の作品

1人の男の兵士が牢屋の前に来て、”これを見ろ”と言ってきた。

次の日、刑務所に向かうバスの中で、私を床に投げつけた男が前の方にいました。彼は私のお尻をつかんで、私のパンツを引きずり下ろしました。彼が私のパンツを引きずり下ろしている時、私は彼を撃退しようとしました。彼は私の背中に肩を突っ込んできて、私は抵抗できませんでした。彼は私のお腹を殴り、頭を金属の棒にぶつけてきました。

私は “死ぬぞ “と言った。その瞬間、私は死にました。”このままでは生きていけない “と言いました。隣の囚人が立ち上がって言った “静かにしろ ここより刑務所の方がずっといい状態になる”

私は叫び始めました。”どうしたんだ?”と。彼は言った “私は前にそこにいたことがあり、それはより良いものだった”

彼は私に腕を回して出て行きました。私は起き上がれませんでした。すると、お巡りさんの “死にかけている “という叫び声が聞こえてきた。私は死にそうだった。私はとても苦しかった。死にたくなかった。

独房に引きずられてからは、ほとんど動けなくなった。私の足を掴んでいた囚人は、私の足から手を離して、”さあ、良くなりますよ “と言いました。独房に着くと、ドアが開いていました。

Photo by joepiette2

 1人の男の兵士が牢屋の前に来て、”これを見ろ”と言ってきた。腹が立って股間を蹴ってしまった。それだけでは終わらなかった。胸を突き飛ばしました。兵士はドアの前で、”後悔することになるぞ “と言った。彼は何度も私に向かってきた。兵士は私を下着のままベッドに放り投げました。鏡で自分の姿を見たら、すごく恥ずかしかった。すっかり濡れていました。私は「こんなことしたくない」と泣き出しました。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。