掲載中の作品

“「お仕置き」してやる“と言われました。

私は恥ずかしがり屋で小柄な15歳の女の子だったのですが、彼は300ポンド以上あるとても大きな男性で、青い目をしていて、髪の毛も頭頂部にいっぱい生えていました。私は驚いて怖くて、何が起きているのかも分からなかった。どう反応したらいいのか本当にわからなかった。彼が何をしているのか、その能力があるのかどうかもわからなかった。私は怖くて、どうしたらいいのかわからなかったのです。兄は床に座っていて、私と電話をしていました。彼は言った、「マディ、すぐに出て行け。”この男が来てとても怒っている “って 私は本当に混乱したわ 彼に言ったのを覚えてるわ “出て行くわ “って 彼は言ったわ “マドリー 帰って “って “どうしたらいいかわからない “と言ったら 彼は言った “部屋から出て行って “何も言わないで” 私は部屋を出たけど 彼が言ったのを覚えてる “部屋にいろ “って 本当にどうしたらいいのか分からなくて “部屋にいて “って言ったのを覚えてる 寝室にいたのは45分くらいです。母と兄はリビングルームにいました

Photo by Sofia AtmatzidouEulgem

“「お仕置き」してやる“と言われました。私は “いいよ、お仕置きしたいならしてよ“と言った。彼は、手を私の肩に思いっきり押し付けてきました。彼は私をベッドに放り投げました。後ろから私の髪を掴み、唇を私の耳に当てて、“他の女の子にしたように、「お仕置き」してあげる “と言いました。私のズボンに手を突っ込んで、ズボンを引きずり下ろしました。私が手を押しのけると、彼は私のお尻をつかんで、私のパンツを引きずり下ろしました。無理やり彼のペニスを触らせました。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。