掲載中の作品

次の日、私が朝起きた直後、昨日の兵士が牢屋の前に来た。

私は震えていました。目に涙を浮かべながら、私は彼に抵抗しようとしました。しかし、彼は私をベッドの上に押し倒しました。彼は私のアソコに股間を入れてきて、私はうめき声をあげました。彼は私のスカートを押し上げてきて、私はまたうめき声をあげました。彼は私のシャツを押し上げてブラだけにして、パンティを横に引っ張ってきて、私はまた喘ぎ声を出しました。彼は私のスカートを引き上げて下着だけの状態にし、指で私のアソコを触り始めました。彼は私のクリトリスを弄り始めました。彼はしばらくの間、このようにしていました。私は彼に射精して欲しかったし、彼に貫かれたかったのですが、怖くて何も言えませんでした。痛かったです。
 
 
 
 怖くて目を開けてしまいました。昨日の兵隊さんが見えました。彼の手を押しのけて微笑んだ。彼は “もっと気をつけてね “と言った。彼は部屋から出て行きました。私はベッドの上で横になり、何か言いたいことがあるのかと考えていたら、昨日の兵士が戻ってきました。見上げてみると、彼の姿は消えていました。
 
 
 
 次の日、私は陸軍の刑務所で寝ていました

Photo by Art4TheGlryOfGod by Sharon

次の日、私が朝起きた直後、昨日の兵士が牢屋の前に来た。腹が立って、彼の股間を蹴ってしまった。
 私は、“「お仕置き」してやる“と言われました。私は “いいよ、お仕置きしたいならしてよ“と言った。彼は、手を私の肩に思いっきり押し付けてきました。彼は私をベッドに放り投げました。後ろから私の髪を掴み、唇を私の耳に当てて、“他の女の子にしたように、「お仕置き」してあげる “と言いました。私のズボンに手を突っ込んで、ズボンを引きずり下ろしました。私が手を押しのけると、彼は私のお尻をつかんで、私のパンツを引きずり下ろしました。無理やり彼のペニスを触らせました。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。