掲載中の作品

ヘイトちゃんは言ったのさ。

全然笑ってなかった 彼はただ天井を見つめていた。

数秒後、彼は笑い始めた。それは笑顔ではなく、彼はただ笑っていました。

突然、彼の頭の中の電球が点灯し、彼は非常に深く、非常に怖い考えを持っていました。

“もし私が現実じゃなかったら?”

彼は顔を上げて、私は彼の頭の中の電球を見ることができました。

“もし私が現実じゃなかったら?”

彼は深呼吸した

“ごめんなさい “と彼が言ったので、私はただ彼を見つめていました。

“どういう意味だ?”

“私がどう感じていると思う?”

“ああ、男、それは本当に私を怖がらせた。”

彼はとても面白い声をしていましたが、それは本当に私をビビらせました。正直に言うと、全然悪い気がしなかったから。本当に恥ずかしかったです。

“あのね、言わないよ。怖がらせたくないけど、言わない。だから、私はあなたに言うつもりです。本当に言うつもりはない。私も行くつもりはありません

Photo by tomylees

ヘイトちゃんは言ったのさ。俺が好きだってね。その一瞬だけ幸せだった。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。