掲載中の作品

知らないおじさんに私は処女を奪われた。

私には、あまり仲良くなれない変なおじさんがいました。初めての時の話をしたら、嫉妬して動揺していました。私が2回目、3回目のことを話したとき、彼はますます怒った。彼は、私が彼から何かを望むならば、私は彼を支払わなければならないと言った。結局、私は彼に支払いました。

おじさんは “フェラしてくれるなら金をやる”

私:”いいよ”

叔父:「そうだな。”じゃあ気にするな”

叔父:「……………….. “フェラチオしてくれ”

私:”わかった”

おじさん: “そしてすぐに終わる”

おじさん:「そうだな。”俺:「あのね。俺の顔にザーメンをかけてくれたら7.50ドルやるよ。”

私:”わかった”

おじさん:「そうだな。”俺がしゃぶってる間にザーメンを出してくれ”

おじさん:「そうだな。”よし、今すぐ顔を離してくれるか?”

私:”うん”

おじさん:「はい。”よし。”

私:”わかった”

おじさん: “2週間以内に俺の顔にザーメンをかけてくれたら 20ドルやる”

私:”いいよ”

叔父: “しゃぶってる時にザーメンを出して”

叔父:「そうだな。”よし、今すぐ顔を離してくれるか?”

私:”うん”

おじさん:「はい。”いいね”

私:”わかった”

叔父: “2週間以内に俺の顔にザーメンをかけてくれたら 50ドルやる”

私:「いいよ。

叔父: “しゃぶってる時にもしゃぶってくれ”

私:「いいよ。

Photo by ykanazawa1999

知らないおじさんに私は処女を奪われた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。