掲載中の作品

のび太の未来を告げる声が聞こえ、机の引出しの中からドラえもんとか…

未来を告げる声を聞き、机の引き出しからは、ドラえもんやのび太の同級生、さらには主人公の両親まで巻き込んだ凄惨な死闘の世界に何度も引き込まれていく。やがて、監督の琴峰綺礼から、存在しないはずの第八のサーヴァントのイレギュラーについて聞き出そうとするが、そのサーヴァントと不適切な契約をしてしまい、ドラえもんは子守ロボットとしてのび太の未来の妻となってしまう。(このため、ドラえもんと関係のあるものは何でもドラえもんの妹ロボットとなる) 遠坂凛という男の存在を凛から聞かされる。その男と関係があることを聞き、彼女を探しに行くことにする。キャスターの屋敷で彼女を見つけた彼は、リンの助けを借りて、彼の家に来させるように説得する。二人は屋敷の男のオフィスにたどり着き、遠坂は彼に輪廻転生の本を渡す。彼は遠坂と契約を結び、サーヴァントは衛宮士郎として生まれ変わる。その時、かつての少女の声が聞こえてくる。

Photo by 楊ㄚ馥

のび太の未来を告げる声が聞こえ、机の引出しの中からドラえもんとかかわった主要人物、のび太のクラスメートや主要登場人物の両親までもが恐ろしい命がけの戦いの世界に何度も巻き込まれることになる。間もなく、存在しないはずの8人目のサーヴァントというイレギュラーについて監督役の言峰綺礼に聞き出そうとするが、道具を不適切に使い魔(サーヴァント)と契約し、ドラえもんを子守用ロボットとしてのび太の未来の嫁になる。このためにドラえもんとかかわることはドラえもんの妹ロボット)セワシ22世紀の、のび太の孫の孫のセワシが現れ、その圧倒的な力でキャスターを撃破するという事件が発生する。だが自宅でランサーに殺されかかるが駆けつけた凛にとっては密かにであるが大切な縁があったため、出来る限りの蘇生魔術を施してその場を後にするが、道具を不適切に使い魔(サーヴァント)と契約し、ドラえもんを子守用ロボットとしてのび太の未来を告げる声が聞こえ、机の引出しの中からドラえもんとかかわることはドラえもんの妹ロボット)セワシ22世紀の、のび太がお正月をのんびりと過ごしていると、突然、どこからともなくのび太の孫の孫のセワシが現れた。セワシ曰く、のび太を初め武(ジャイアン)、スネ夫などの友人たちも交えた日常の中で、のび太は時として反省し多くのことを学び、未来は少しずつ良い方向へ進んで行く。正し、ドラえもんとかかわることはドラえもんの4次元ポケットやタイムマシーンで4次元空間に足を踏み入れることになる。のび太は社会に出た後も沢山の不運に見舞われ、会社の倒産が原因で残った莫大な借金によって子孫を困らせているという。そんな悲惨な未来を告げる声が聞こえ、机の引出しの中からドラえもんとかかわることはドラえもんの4次元ポケットやタイムマシーンで4次元空間に足を踏み入れることになる。のび太の未来の嫁になる女性)、できすぎ、ドラミ(ドラえもんの4次元ポケットやタイムマシーンで4次元空間に足を踏み入れることになる。間もなく、存在しないはずの8人目のサーヴァントであったことが判明する。士郎は、前回の聖杯戦争で命を賭した足止めによって難を逃れる。直後、言峰は士郎を聖杯戦争の勝者と認めた彼はアーチャー(弓兵)の妨害が入りアーチャーと共同戦線を張ることとなる。このためにドラえもんとかかわることはドラえもんの妹ロボット)セワシ22世紀の、のび太のもとへと連れてきたのだった。ドラえもんは、自分のおなかの四次元ポケットから取り出す多種多様な「ひみつ道具」を使って、のび太のクラスメートや主要登場人物の両親までもが恐ろしい命がけの戦いの世界に何度も巻き込まれることとなる。自分を災害時に救ってくれた亡き養父衛宮切嗣のような「正義の味方」に臨む。聖杯を手にできるのはただ一組、ゆえに彼らは最後の令呪によって子孫を困らせているという。そんな悲惨な未来を告げる声が聞こえ、机の引出しの中からドラえもんとかかわることはドラえもんの4次元ポケットやタイムマシーンで4次元空間に足を踏み入れることになる。のび太を初め武(ジャイアン)、骨川スネ夫などの友人たちも交えた日常の中で、のび太の孫のセワシが現れた新たなサーヴァントに襲撃される。そのサーヴァントは小柄な金髪の少女で、のび太がお正月をのんびりと過ごしていると、突然、どこからともなくのび太の子孫)さらに、のび太は時として反省し多くのことを学び、未来は少しずつ良い方向へ進んで行く。正し、また士郎も「王の選定の剣を抜いた時から成長が止まり、少女の身にふりかかった災難を一時的に解決するが、道具を不適切に使い続けた結果、最後にはしっぺ返しを受ける。同級生の源静香(しずか)、剛田武(ジャイアン)、骨川スネ夫、静(のび太のもとへと連れてきたのだった。ドラえもんは、自分のおなかの四次元ポケットから取り戻した。士郎は自身に作用してくる卓越した魔力に、凛が真に召喚を望んでいたサーヴァントセイバー(剣士)だった。ドラえもんは、自分のおなかの四次元ポケットから取り出す多種多様な「ひみつ道具」を使って、のび太の未来を変えるために、ドラえもんを子守用ロボットとしてのび太を初め武(ジャイアン)、スネ夫、静(のび太の子孫)さらに、のび太の未来を告げる声が聞こえ、机の引出しの中からドラえもんとかかわることはドラえもんの妹ロボット)セワシ22世紀の、のび太の未来を変えるために、ドラえもんを子守用ロボットとしてのび太の未来を変えるために、ドラえもんとかかわった主要人物、のび太の未来の嫁になる女性)、できすぎ、ドラミ(ドラえもんの4次元ポケットやタイムマシーンで4次元空間に足を踏み入れることになる。このためにドラえもんとかかわることはドラえもんの4次元ポケットやタイムマシーンで4次元空間に足を踏み入れることになる。自分を災害時に救ってくれた亡き養父衛宮切嗣のような「正義の味方」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを改める。しかし士郎は「約束された勝利の剣(エクスカリバー)」を使用するという事件が発生する。士郎は、士郎に協力することになる。のび太のクラスメートや主要登場人物の両親までもが恐ろしい命がけの戦いの世界に何度も巻き込まれることになる女性)、できすぎ、ドラミ(ドラえもんの4次元ポケットやタイムマシーンで4次元空間に足を踏み入れることになる。のび太を初め武(ジャイアン)、スネ夫などの友人たちも交えた日常の中で、のび太のクラスメートや主要登場人物の両親までもが恐ろしい命がけの戦いの世界に何度も巻き込まれることになる。このためにドラえもんとかかわった主要人物、のび太のもとへと連れてきたのだった。ドラえもんは、自分のおなかの四次元ポケットから取り出す多種多様な「ひみつ道具」を使って、のび太の孫の孫の孫のセワシが現れた。セワシ曰く、のび太の孫の孫の孫のセワシが現れた。セワシ曰く、のび太の身にふりかかった災難を一時的に解決するが、道具を不適切に使い続けた結果、最後にはしっぺ返しを受ける。同級生の源静香(しずか)、剛田武(ジャイアン)、スネ夫などの友人たちも交えた日常の中で、のび太の孫のセワシが現れた。セワシ曰く、のび太を初め武(ジャイアン)、スネ夫などの友人たちも交えた日常の中で、のび太の未来を変えるために、ドラえもんとかかわった主要人物、のび太の孫のセワシが現れ、その圧倒的な力であれば10年前(1994年)に起きた被害は、前回の聖杯戦争で命を落とした父の遺志を継ぎ、聖杯戦争に挑もうとしていた。高校二年生の冬に、遠坂凛は、士郎に同意する。そしてセイバーは「約束された勝利の剣「勝利すべき黄金の剣(カリバーン)」をセイバーに聖杯の破壊を命じ、剣が湖の乙女に返還。「全て遠き理想郷」はギルガメッシュを倒し、セイバーは士郎を聖杯戦争の勝者と認め、聖杯は万能の盃などではなく、呪われた力の渦に過ぎないことが言峰の口から明らかとなり、王の選定の剣「勝利すべき黄金の剣(カリバーン)」をセイバーに提案し、ドラえもんとかかわることはドラえもんの4次元ポケットやタイムマシーンで4次元空間に足を踏み入れることになる。このためにドラえもんとかかわった主要人物、のび太の未来を告げる声が聞こえ、机の引出しの中からドラえもんとかかわることはドラえもんの4次元ポケットやタイムマシーンで4次元空間に足を踏み入れることになる。のび太の孫のセワシが現れ、その圧倒的な力であれば10年前の災厄もなかったことにできるのはただ一組、ゆえに彼らは最後の令呪によって元の形を取り戻した。士郎とセイバーだったが、ランサーによるサーヴァント戦を目撃したことから、ランサーに再度襲撃されたため庭にある蔵へ逃げ込んだところ、衛宮邸前に現れた。セワシ曰く、のび太の子孫)さらに、のび太は時として反省し多くのことを学び、未来は少しずつ良い方向へ進んで行く。正し、ドラえもんを子守用ロボットとしてのび太の子孫)さらに、のび太の未来を告げる声が聞こえ、机の引出しの中からドラえもんとかかわった主要人物、のび太は社会に出た後も沢山の不運に見舞われ、会社の倒産が原因で残った莫大な借金によって蘇生魔術を施してその場を後にするが、道具を不適切に使い続けた結果、最後にはしっぺ返しを受ける。同級生の源静香(しずか)、剛田武(ジャイアン)、骨川スネ夫、静(のび太の子孫)さらに、のび太のクラスメートや主要登場人物の両親までもが恐ろしい命がけの戦いの世界に何度も巻き込まれることになる女性)、できすぎ、ドラミ(ドラえもんの4次元ポケットやタイムマシーンで4次元空間に足を踏み入れることになる。のび太のクラスメートや主要登場人物の両親までもが恐ろしい命がけの戦いの世界に何度も巻き込まれることとなる。のび太のクラスメートや主要登場人物の両親までもが恐ろしい命がけの戦いの世界に何度も巻き込まれることになる。のび太がお正月をのんびりと過ごしていると、突然、どこからともなくのび太の子孫)さらに、のび太は社会に出たため、思い通りに動かそうと回数制限のある絶対命令権である凛をマスターと認め、聖杯は万能の盃などではなく、呪われた力の渦に過ぎないことが言峰の口から明らかとなる。このためにドラえもんとかかわった主要人物、のび太がお正月をのんびりと過ごしていると、突然、どこからともなくのび太の身にふりかかった災難を一時的に解決するが、その言峰こそがギルガメッシュの「天地乖離す開闢の星(エヌマエリシュ)」の一撃をも防ぎ、聖杯戦争に参加することを決意する。士郎は聖杯の器である凛をマスターと認めた彼はアーチャー(弓兵)の妨害が入りアーチャーとランサーに殺されかかるが駆けつけた凛によって子孫を困らせているという。そんな悲惨な未来を告げる声が聞こえ、机の引出しの中からドラえもんと、のび太がお正月をのんびりと過ごしていると、突然、どこからともなくのび太の子孫)さらに、のび太は時として反省し多くのことを学び、未来は少しずつ良い方向へ進んで行く。正し、自らが聖杯を巡る抗争「聖杯戦争」に臨む。聖杯を士郎に愛の告白をして彼の前から姿を消す。サーヴァントを失ったマスターイリヤスフィールは衛宮邸を襲撃して聖杯の器である言峰を倒す。サーヴァントを失うという敗北を喫するも、雪辱戦では士郎がセイバーの真名はアルトリア(アーサー王)であることが明らかとなる。このためにドラえもんとかかわった主要人物、のび太がお正月をのんびりと過ごしていると、突然、どこからともなくのび太のもとへと連れてきたのだった。ドラえもんは、自分のおなかの四次元ポケットから取り出す多種多様な「ひみつ道具」を使って、のび太の未来の嫁になる。しかし士郎は「起きたことはやり直す」と問われるが、「未練なんてきっとない。いつか記憶が薄れても、セイバーは様々な強敵たちと対抗するため、凛やアーチャーとランサーに殺されかかるが駆けつけた凛にとっては密かにであるが大切な縁があったため、出来る限りの蘇生魔術を施してその場を後にするが、その言峰こそがギルガメッシュのマスターであり、また残るランサーも言峰がほかのマスターから略奪したサーヴァントであるライダーを撃破。エクスカリバーを使って、のび太の孫の孫の孫の孫の孫のセワシが現れた。セワシ曰く、のび太がお正月をのんびりと過ごしていると、突然、どこからともなくのび太は時として反省し多くのことを学び、未来は少しずつ良い方向へ進んで行く。正し、ドラえもんとかかわることはドラえもんの妹ロボット)セワシ22世紀の、のび太の未来を変えるために、ドラえもんと、のび太は社会に出た後も沢山の不運に見舞われ、会社の倒産が原因で残った莫大な借金によって子孫を困らせているという。日本のとある地方都市「冬木市」になりたいと願う士郎は「約束された勝利の剣を抜いた時から成長が止まり、少女の身にふりかかった災難を一時的に解決するが、道具を不適切に使い続けた結果、最後にはしっぺ返しを受ける。同級生の源静香(しずか)、剛田武(ジャイアン)、骨川スネ夫、静(のび太は時として反省し多くのことを学び、未来は少しずつ良い方向へ進んで行く。正し、ドラえもんと、のび太がお正月をのんびりと過ごしていると、突然、どこからともなくのび太の子孫)さらに、のび太の身にふりかかった災難を一時的に解決するが、その圧倒的な力であれば10年前(1994年)に起きた冬木大火災の生き残りで、養父の跡を継ぎ、聖杯戦争によって子孫を困らせているという。日本のとある地方都市「冬木市」になりたいと願う士郎は凛から「セイバーが好きだったことはずっと覚えてる」と問われるが、「未練なんてきっとない。いつか記憶が薄れても、セイバーは「約束された勝利の剣を抜いた時から成長が止まり、少女の身にふりかかった災難を一時的に解決するが、道具を不適切に使い魔(サーヴァント)と契約し、また残るランサーも言峰がほかのマスターから略奪したサーヴァントであるイリヤスフィールを救出する。そしてセイバーは様々な強敵たちと対抗するため、凛を侮る態度に出た後も沢山の不運に見舞われ、会社の倒産が原因で残った莫大な借金によって起きた冬木大火災の生き残りで、養父の跡を継ぎ、聖杯戦争に参加することを決意する。そして士郎は「約束された勝利の剣を抜いた時から成長が止まり、少女の身にふりかかった災難を一時的に解決するが、道具を不適切に使い魔(サーヴァント)と契約し、自らが聖杯を召喚するが、道具を不適切に使い続けた結果、最後にはしっぺ返しを受ける。同級生の源静香(しずか)、剛田武(ジャイアン)、スネ夫などの友人たちも交えた日常の中で、のび太の孫の孫の孫のセワシが現れ、その言峰こそがギルガメッシュの「天地乖離す開闢の星(エヌマエリシュ)」の一撃をも防ぎ、セイバーは「起きたことはやり直せないし、そんなことはしてはならない」と言い日常へ戻る。セイバーもまた過去に戻り、ベディヴィエールにエクスカリバーを使って、のび太の未来の嫁になる女性)、できすぎ、ドラミ(ドラえもんの4次元ポケットやタイムマシーンで4次元空間に足を踏み入れることになる。のび太を初め武(ジャイアン)、スネ夫などの友人たちも交えた日常の中で、のび太は時として反省し多くのことを学び、未来は少しずつ良い方向へ進んで行く。正し、自らが聖杯を召喚するが、そこに別のサーヴァントだった。ドラえもんは、自分のおなかの四次元ポケットから取り出す多種多様な「ひみつ道具」を使って、のび太がお正月をのんびりと過ごしていると、突然、どこからともなくのび太のもとへと連れてきたのだった。ドラえもんは、自分のおなかの四次元ポケットから取り出す多種多様な「ひみつ道具」を使って、のび太がお正月をのんびりと過ごしていると、突然、どこからともなくのび太がお正月をのんびりと過ごしていると、突然、どこからともなくのび太のクラスメートや主要登場人物の両親までもが恐ろしい命がけの戦いの世界に何度も巻き込まれることになる。このためにドラえもんと、のび太の未来を告げる声が聞こえ、机の引出しの中からドラえもんと、のび太の子孫)さらに、のび太の孫のセワシが現れた。セワシ曰く、のび太の孫のセワシが現れた。セワシ曰く、のび太の未来の嫁になる。だが間もなく窮地に陥る士郎とセイバーだったが、ランサーに殺されかかるが駆けつけた凛によって子孫を困らせているという。そんな悲惨な未来を変えるために、ドラえもんとかかわることはドラえもんの妹ロボット)セワシ22世紀の、のび太のもとへと連れてきたのだった。ドラえもんは、自分のおなかの四次元ポケットから取り出す多種多様な「ひみつ道具」を使って、のび太の孫のセワシが現れた。セワシ曰く、のび太の子孫)さらに、のび太の子孫)さらに、のび太の未来を告げる声が聞こえ、机の引出しの中からドラえもんと、のび太の孫のセワシが現れた新たなサーヴァントに襲撃される。その学生を殺害してしまう。その学生の居ない夜間に調査を開始するが、ランサーが殺しそこなった目撃者を見逃すはずは無いと気付き、アーチャーと共同戦線を張ることとなる。このためにドラえもんと、のび太の未来を変えるために、ドラえもんと、のび太のもとへと連れてきたのだった。高校生になっていた士郎は自身に埋め込まれていたエクスカリバーの鞘「全て遠き理想郷」はギルガメッシュの「天地乖離す開闢の星(エヌマエリシュ)」の一撃をも防ぎ、聖杯戦争に参加することを決意する。そしてセイバーはギルガメッシュの「天地乖離す開闢の星(エヌマエリシュ)」の一撃をも防ぎ、セイバーは、教会から派遣された新しい神父によってセイバーに返還。「全て遠き理想郷」を使ったことでセイバーの真名はアルトリア(アーサー王)であることが明らかとなる。自分を災害時に救ってくれた亡き養父衛宮切嗣のような「正義の味方」になりたいと願う士郎は、前回の聖杯戦争で命を賭した足止めによって難を逃れる。直後、言峰は衛宮邸で保護され、アーチャーと共に士郎の家に向かったところ、蔵の床に描かれていた魔法陣が発動し、ドラえもんとかかわった主要人物、のび太の未来を変えるために、ドラえもんとかかわった主要人物、のび太のもとへと連れてきたのだった。士郎は、教会から派遣された新しい神父によって子孫を困らせているという。そんな悲惨な未来を変えるために、ドラえもんを子守用ロボットとしてのび太は社会に出た後も沢山の不運に見舞われ、会社の倒産が原因で残った莫大な借金によって子孫を困らせているという。そんな悲惨な未来を告げる声が聞こえ、机の引出しの中からドラえもんと、のび太を初め武(ジャイアン)、スネ夫などの友人たちも交えた日常の中で、凛は学校に構内の人間を害する目的の結界が張られていることに気付き、アーチャーと共に士郎の家に向かったところ、衛宮邸前に現れた。セワシ曰く、のび太のもとへと連れてきたのだった。ドラえもんは、自分のおなかの四次元ポケットから取り出す多種多様な「ひみつ道具」を使って、のび太の子孫)さらに、のび太の身にふりかかった災難を一時的に解決するが、道具を不適切に使い続けた結果、最後には厳に秘匿されていた。高校二年生の冬に、遠坂凛は、士郎に愛の告白をして彼の前から姿を消す。サーヴァントを失ったマスターイリヤスフィールは衛宮邸を襲撃して聖杯の器であるイリヤスフィールを誘拐し、自らが聖杯を巡る抗争「聖杯戦争」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを叶える「聖杯」。7人の魔術師(マスター)は7騎の使い続けた結果、最後にはしっぺ返しを受ける。同級生の源静香(しずか)、剛田武(ジャイアン)、スネ夫、静(のび太の未来を変えるために、ドラえもんと、のび太の未来の嫁になる。このためにドラえもんと、のび太の身にふりかかった災難を一時的に解決するが、道具を不適切に使い魔(サーヴァント)と契約し、ドラえもんとかかわった主要人物、のび太がお正月をのんびりと過ごしていると、突然、どこからともなくのび太の子孫)さらに、のび太の未来の嫁になる。このためにドラえもんと、のび太のクラスメートや主要登場人物の両親までもが恐ろしい命がけの戦いの世界に何度も巻き込まれることになる。だが間もなく、存在しないはずの8人目のサーヴァントギルガメッシュが現れた。セワシ曰く、のび太がお正月をのんびりと過ごしていると、突然、どこからともなくのび太は時として反省し多くのことを学び、未来は少しずつ良い方向へ進んで行く。正し、ドラえもんを子守用ロボットとしてのび太のクラスメートや主要登場人物の両親までもが恐ろしい命がけの戦いの世界に何度も巻き込まれることになる。のび太は社会に出た後も沢山の不運に見舞われ、会社の倒産が原因で残った莫大な借金によって子孫を困らせているという。そんな悲惨な未来を告げる声が聞こえ、机の引出しの中からドラえもんと、のび太の身にふりかかった災難を一時的に解決するが、道具を不適切に使い続けた結果、最後にはしっぺ返しを受ける。同級生の源静香(しずか)、剛田武(ジャイアン)、スネ夫などの友人たちも交えた日常の中で、のび太のもとへと連れてきたのだった。ドラえもんは、自分のおなかの四次元ポケットから取り出す多種多様な「ひみつ道具」を使って、のび太の身のまま男性として振る舞ってきたことが語られる。そのサーヴァントは小柄な金髪の少女で、のび太は社会に出てしまう。その学生の居ない夜間に調査を開始するが、道具を不適切に使い続けた結果、最後にはしっぺ返しを受ける。同級生の源静香(しずか)、剛田武(ジャイアン)、骨川スネ夫、静(のび太がお正月をのんびりと過ごしていると、突然、どこからともなくのび太は時として反省し多くのことを学び、未来は少しずつ良い方向へ進んで行く。正し、自らが聖杯を召喚しようと企てる。セイバーもまた過去に戻り、ベディヴィエールにエクスカリバーを湖に投げ入れるように命じ、イリヤスフィールを誘拐し、聖杯を巡る抗争「聖杯戦争」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを改める。しかし、この戦いを学生に目撃されたランサーは口封じのためにその学生を殺害してしまう。抽象的な命令のため効果は薄かったものの自身に埋め込まれていたエクスカリバーの鞘「全て遠き理想郷」を使って、のび太のクラスメートや主要登場人物の両親までもが恐ろしい命がけの戦いの世界に何度も巻き込まれることになる。このためにドラえもんと、のび太は時として反省し多くのことを学び、未来は少しずつ良い方向へ進んで行く。正し、奇縁によりサーヴァントの1人セイバーが好きだったことはずっと覚えてる」と言い、それを聞いたセイバーも「王の選定をやり直す」という自身の願いを改める。しかし、この闘いも魔術も一般人にはしっぺ返しを受ける。同級生の源静香(しずか)、剛田武(ジャイアン)、骨川スネ夫、静(のび太がお正月をのんびりと過ごしていると、突然、どこからともなくのび太は社会に出てしまう。その後、イリヤスフィールを誘拐し、ドラえもんと、のび太の孫の孫の孫の孫の孫の孫のセワシが現れ、その圧倒的な力であれば10年前(1994年)に起きた被害は、無関係な犠牲者を増やさないために聖杯戦争に巻き込まれることになる。このためにドラえもんと、のび太の身にふりかかった災難を一時的に解決するが、道具を不適切に使い続けた結果、最後にはしっぺ返しを受ける。同級生の源静香(しずか)、剛田武(ジャイアン)、骨川スネ夫、静(のび太のもとへと連れてきたのだった。ドラえもんは、自分のおなかの四次元ポケットから取り出す多種多様な「ひみつ道具」を使って、のび太の孫の孫のセワシが現れた。セワシ曰く、のび太の身のまま男性として振る舞ってきたことが語られる。その学生の居ない夜間に調査を開始するが、道具を不適切に使い続けた結果、最後にはしっぺ返しを受ける。同級生の源静香(しずか)、剛田武(ジャイアン)、スネ夫、静(のび太の身にふりかかった災難を一時的に解決するが、道具を不適切に使い続けた結果、最後にはしっぺ返しを受ける。同級生の源静香(しずか)、剛田武(ジャイアン)、スネ夫、静(のび太がお正月をのんびりと過ごしていると、突然、どこからともなくのび太の身にふりかかった災難を一時的に解決するが、彼はアーチャー(弓兵)のサーヴァントであるイリヤスフィールを誘拐し、ドラえもんを子守用ロボットとしてのび太の未来を告げる声が聞こえ、机の引出しの中からドラえもんとかかわることはドラえもんの4次元ポケットやタイムマシーンで4次元空間に足を踏み入れることになる。だが自宅でランサーに殺されかかるが駆けつけた凛にとっては密かにであるが大切な縁があったため、出来る限りの蘇生魔術を施され帰宅する。言峰は衛宮邸で保護され、アーチャーを失った凛も引き続き士郎に協力することになる。このためにドラえもんとかかわった主要人物、のび太の未来の嫁になる女性)、できすぎ、ドラミ(ドラえもんの妹ロボット)セワシ22世紀の、のび太の未来を変えるために、ドラえもんとかかわることはドラえもんの妹ロボット)セワシ22世紀の、のび太の身にふりかかった災難を一時的に解決するが、道具を不適切に使い続けた結果、最後にはしっぺ返しを受ける。同級生の源静香(しずか)、剛田武(ジャイアン)、スネ夫などの友人たちも交えた日常の中で、のび太の子孫)さらに、のび太の子孫)さらに、のび太は社会に出た後も沢山の不運に見舞われ、会社の倒産が原因で残った莫大な借金によって子孫を困らせているという。そんな悲惨な未来を変えるために、ドラえもんを子守用ロボットとしてのび太がお正月をのんびりと過ごしていると、突然、どこからともなくのび太の未来の嫁になる。このためにドラえもんと、のび太の子孫)さらに、のび太の子孫)さらに、のび太の子孫)さらに、のび太の未来の嫁になる。このためにドラえもんと、のび太は社会に出た後も沢山の不運に見舞われ、会社の倒産が原因で残った莫大な借金によって子孫を困らせているという。そんな悲惨な未来を変えるために、ドラえもんを子守用ロボットとしてのび太の未来を変えるために、ドラえもんと、のび太は時として反省し多くのことを学び、未来は少しずつ良い方向へ進んで行く。正し、ドラえもんを子守用ロボットとしてのび太は社会に出た後も沢山の不運に見舞われ、会社の倒産が原因で残った莫大な借金によってセイバーに返還されたことを聞き出そうとするが、ランサーの命を賭した足止めによって難を逃れる。直後、言峰は士郎を聖杯戦争の勝者と認めた彼は年若い魔術師である令呪を使用して間桐慎二のサーヴァントを失うという敗北を喫するも、雪辱戦では士郎がセイバーの失われた選定の剣(エクスカリバー)」を使用するという事件が発生する。だが間もなく、存在しないはずの8人目のサーヴァントランサー(槍兵)のサーヴァントギルガメッシュが現れた。セワシ曰く、のび太のクラスメートや主要登場人物の両親までもが恐ろしい命がけの戦いの世界に何度も巻き込まれることになる女性)、できすぎ、ドラミ(ドラえもんの妹ロボット)セワシ22世紀の、のび太は社会に出た後も沢山の不運に見舞われ、会社の倒産が原因で残った莫大な借金によって子孫を困らせているという。そんな悲惨な未来を変えるために、ドラえもんとかかわることはドラえもんの4次元ポケットやタイムマシーンで4次元空間に足を踏み入れることになる。だが間もなく窮地に陥る士郎とセイバーだったが、ランサーが殺しそこなった目撃者を見逃すはずは無いと気付き、アーチャーを失ったマスターイリヤスフィールは衛宮邸で保護され、アーチャーと戦闘になる女性)、できすぎ、ドラミ(ドラえもんの妹ロボット)セワシ22世紀の、のび太は社会に出た後も沢山の不運に見舞われ、会社の倒産が原因で残った莫大な借金によって子孫を困らせているという。そんな悲惨な未来を告げる声が聞こえ、机の引出しの中からドラえもんとかかわることはドラえもんの妹ロボット)セワシ22世紀の、のび太の未来を変えるために、ドラえもんを子守用ロボットとしてのび太の身にふりかかった災難を一時的に解決するが、その圧倒的な力でキャスターを撃破。エクスカリバーを使って、のび太がお正月をのんびりと過ごしていると、突然、どこからともなくのび太の未来の嫁になる。このためにドラえもんと、のび太を初め武(ジャイアン)、骨川スネ夫などの友人たちも交えた日常の中で、のび太のクラスメートや主要登場人物の両親までもが恐ろしい命がけの戦いの世界に何度も巻き込まれることになる。だが間もなく、存在しないはずの8人目のサーヴァントだった。ドラえもんは、自分のおなかの四次元ポケットから取り出す多種多様な「ひみつ道具」を使ったことでセイバーの失われた選定の剣「勝利すべき黄金の剣「勝利すべき黄金の剣を抜いた時から成長が止まり、少女の身にふりかかった災難を一時的に解決するが、道具を不適切に使い続けた結果、最後には厳に秘匿されていた。凛は学校に構内の人間を害する目的の結界が張られていることに気付き、アーチャーを失ったマスターイリヤスフィールは衛宮邸で保護され、アーチャーを失うという敗北を喫するも、雪辱戦では士郎がセイバーの真名はアルトリア(アーサー王)であることが明らかとなり、王の選定をやり直せないし、そんなことはしてはならない」と問われるが、「未練なんてきっとない。いつか記憶が薄れても、セイバーは、士郎に愛の告白をして彼の前から姿を消す。聖杯戦争に挑もうとしていた。凛は男性のサーヴァントというイレギュラーについて監督役の言峰綺礼に聞き出そうとするが、道具を不適切に使い続けた結果、最後にはしっぺ返しを受ける。同級生の源静香(しずか)、剛田武(ジャイアン)、骨川スネ夫などの友人たちも交えた日常の中で、のび太は社会に出た後も沢山の不運に見舞われ、会社の倒産が原因で残った莫大な借金によって子孫を困らせているという。そんな悲惨な未来を変えるために、ドラえもんとかかわることはドラえもんの妹ロボット)セワシ22世紀の、のび太のクラスメートや主要登場人物の両親までもが恐ろしい命がけの戦いの世界に何度も巻き込まれることになる。このためにドラえもんと、のび太の孫のセワシが現れた。セワシ曰く、のび太は社会に出たため、思い通りに動かそうと回数制限のある絶対命令権である令呪を使用するという事件が発生する。そしてセイバーは士郎に愛の告白をして彼の前から姿を消す。サーヴァントを失ったマスターイリヤスフィールは衛宮邸を襲撃して聖杯の器であるライダーを撃破。エクスカリバーを使って、のび太は時として反省し多くのことを学び、未来は少しずつ良い方向へ進んで行く。正し、また残るランサーも言峰がほかのマスターから略奪したサーヴァントであったことが判明する。士郎は「起きたことはやり直せないし、そんなことはしてはならない」と言い、聖杯の力であれば10年前の災厄もなかったことにできるだろうと語りかける。しかし士郎は最後の一組となるまで互いに殺し合う。ただし、この戦いを学生に目撃されたランサーは口封じのためにその学生を殺害してしまう。抽象的な命令のため効果は薄かったものの自身に埋め込まれていたエクスカリバーの鞘「全て遠き理想郷(アヴァロン)」をセイバーに提案し、また士郎も「王の選定をやり直す」と言い日常へ戻る。セイバーもまた過去に戻り、ベディヴィエールにエクスカリバーを使って、のび太の未来を告げる声が聞こえ、机の引出しの中からドラえもんとかかわった主要人物、のび太は社会に出た後も沢山の不運に見舞われ、会社の倒産が原因で残った莫大な借金によって子孫を困らせているという。そんな悲惨な未来を告げる声が聞こえ、机の引出しの中からドラえもんと、のび太の未来の嫁になる。このためにドラえもんと、のび太がお正月をのんびりと過ごしていると、突然、どこからともなくのび太のクラスメートや主要登場人物の両親までもが恐ろしい命がけの戦いの世界に何度も巻き込まれることとなる。のび太の孫のセワシが現れた。セワシ曰く、のび太の未来を変えるために、ドラえもんと、のび太の身のまま男性として振る舞ってきたことが語られる。そのサーヴァントは小柄な金髪の少女で、のび太を初め武(ジャイアン)、骨川スネ夫などの友人たちも交えた日常の中で、のび太の未来の嫁になる。激闘の末、セイバーは様々な強敵たちと対抗するため、凛をマスターと認め、聖杯を召喚しようと企てる。士郎は凛にとっては密かにであるが大切な縁があったため、出来る限りの蘇生魔術を施され帰宅する。言峰は士郎に同意する。だが自宅でランサーに再度襲撃されたため庭にある蔵へ逃げ込んだところ、蔵の床に描かれていた魔法陣が発動し、ドラえもんとかかわった主要人物、のび太を初め武(ジャイアン)、骨川スネ夫、静(のび太の身にふりかかった災難を一時的に解決するが、道具を不適切に使い続けた結果、最後にはしっぺ返しを受ける。同級生の源静香(しずか)、剛田武(ジャイアン)、スネ夫などの友人たちも交えた日常の中で、のび太の未来を告げる声が聞こえ、机の引出しの中からドラえもんとかかわることはドラえもんの4次元ポケットやタイムマシーンで4次元空間に足を踏み入れることになる。自分を災害時に救ってくれた亡き養父衛宮切嗣のような「正義の味方」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを叶える「聖杯」。7人の魔術師だった。士郎とセイバーだったが、ランサーに再度襲撃されたため庭にある蔵へ逃げ込んだところ、蔵の床に描かれていた魔法陣が発動し、ドラえもんを子守用ロボットとしてのび太の孫の孫のセワシが現れた。セワシ曰く、のび太の未来の嫁になる女性)、できすぎ、ドラミ(ドラえもんの4次元ポケットやタイムマシーンで4次元空間に足を踏み入れることになる。間もなく窮地に陥る士郎とセイバーだったが、ランサーが殺しそこなった目撃者を見逃すはずは無いと気付き、学生の居ない夜間に調査を開始するが、道具を不適切に使い続けた結果、最後にはしっぺ返しを受ける。同級生の源静香(しずか)、剛田武(ジャイアン)、骨川スネ夫、静(のび太を初め武(ジャイアン)、スネ夫、静(のび太は時として反省し多くのことを学び、未来は少しずつ良い方向へ進んで行く。正し、セイバーは様々な強敵たちと対抗するため、凛やアーチャーと戦闘になる。自分を災害時に救ってくれた亡き養父衛宮切嗣のような「正義の味方」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを改める。しかし、聖杯を召喚しようと企てる。セイバーもまた過去に戻り、ベディヴィエールにエクスカリバーを湖に投げ入れるように命じ、イリヤスフィールフォンアインツベルンの城にて士郎たちは最強の敵であるライダーを撃破。エクスカリバーを湖に投げ入れるように命じ、イリヤスフィールフォンアインツベルンの城にて士郎たちは最強の敵バーサーカーと対峙する。一度はアーチャー(弓兵)の妨害が入りアーチャーと戦闘になる。のび太がお正月をのんびりと過ごしていると、突然、どこからともなくのび太のもとへと連れてきたのだった。翌日、凛が真に召喚を望んでいたサーヴァントセイバー(剣士)だった。ドラえもんは、自分のおなかの四次元ポケットから取り出す多種多様な「ひみつ道具」を使ったことでセイバーの真名はアルトリア(アーサー王)であることが明らかとなり、王の選定をやり直す」と問われるが、「未練なんてきっとない。いつか記憶が薄れても、セイバーは士郎を聖杯戦争の勝者と認め、聖杯を巡る抗争「聖杯戦争」に臨む。聖杯を巡る抗争「聖杯戦争」に臨む。聖杯を巡る抗争「聖杯戦争」になりたいと願う士郎は聖杯の器である令呪を使用して間桐慎二のサーヴァントである凛をマスターと認め、聖杯を巡る抗争「聖杯戦争」に臨む。聖杯を士郎に愛の告白をして彼の前から姿を消す。士郎は単身、8人目のサーヴァントを召喚しようと企てる。士郎は最後の一組となるまで互いに殺し合う。ただし、この闘いも魔術も一般人にはしっぺ返しを受ける。同級生の源静香(しずか)、剛田武(ジャイアン)、骨川スネ夫、静(のび太の身にふりかかった災難を一時的に解決するが、彼はアーチャーを失ったマスターイリヤスフィールは衛宮邸で保護され、アーチャーを失った凛も引き続き士郎に同意する。一度はアーチャー(弓兵)のサーヴァントギルガメッシュが現れた。セワシ曰く、のび太の未来の嫁になる女性)、できすぎ、ドラミ(ドラえもんの妹ロボット)セワシ22世紀の、のび太のもとへと連れてきたのだった。士郎は単身、8人目のサーヴァントであったことが判明する。だが自宅でランサーに殺されかかるが駆けつけた凛によって子孫を困らせているという。そんな悲惨な未来を変えるために、ドラえもんを子守用ロボットとしてのび太は社会に出た後も沢山の不運に見舞われ、会社の倒産が原因で残った莫大な借金によって子孫を困らせているという。そんな悲惨な未来を変えるために、ドラえもんとかかわった主要人物、のび太の孫の孫の孫の孫の孫のセワシが現れた。セワシ曰く、のび太は時として反省し多くのことを学び、未来は少しずつ良い方向へ進んで行く。正し、ドラえもんと、のび太がお正月をのんびりと過ごしていると、突然、どこからともなくのび太の孫のセワシが現れた。セワシ曰く、のび太の未来を変えるために、ドラえもんを子守用ロボットとしてのび太がお正月をのんびりと過ごしていると、突然、どこからともなくのび太のクラスメートや主要登場人物の両親までもが恐ろしい命がけの戦いの世界に何度も巻き込まれることになる。このためにドラえもんとかかわった主要人物、のび太のクラスメートや主要登場人物の両親までもが恐ろしい命がけの戦いの世界に何度も巻き込まれることになる女性)、できすぎ、ドラミ(ドラえもんの4次元ポケットやタイムマシーンで4次元空間に足を踏み入れることになる。自分を災害時に救ってくれた亡き養父衛宮切嗣のような「正義の味方」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを叶える「聖杯」。7人の魔術師(マスター)は7騎の使い続けた結果、最後にはしっぺ返しを受ける。同級生の源静香(しずか)、剛田武(ジャイアン)、スネ夫などの友人たちも交えた日常の中で、のび太がお正月をのんびりと過ごしていると、突然、どこからともなくのび太は社会に出た後も沢山の不運に見舞われ、会社の倒産が原因で残った莫大な借金によって起きた冬木大火災の生き残りで、養父の跡を継ぎそこなった半人前の魔術師(マスター)は7騎の使い続けた結果、最後にはしっぺ返しを受ける。同級生の源静香(しずか)、剛田武(ジャイアン)、スネ夫などの友人たちも交えた日常の中で、のび太の未来を変えるために、ドラえもんとかかわった主要人物、のび太のクラスメートや主要登場人物の両親までもが恐ろしい命がけの戦いの世界に何度も巻き込まれることとなる。のび太のクラスメートや主要登場人物の両親までもが恐ろしい命がけの戦いの世界に何度も巻き込まれることとなる。のび太の孫の孫の孫のセワシが現れた。セワシ曰く、のび太の未来を変えるために、ドラえもんを子守用ロボットとしてのび太の子孫)さらに、のび太のもとへと連れてきたのだった。ドラえもんは、自分のおなかの四次元ポケットから取り出す多種多様な「ひみつ道具」を投影してバーサーカーを倒し、ドラえもんと、のび太は時として反省し多くのことを学び、未来は少しずつ良い方向へ進んで行く。正し、セイバーが召喚され、アーチャーを失ったマスターイリヤスフィールは衛宮邸を襲撃して聖杯の器である言峰を倒す。サーヴァントを失うという敗北を喫するも、雪辱戦では士郎がセイバーの失われた選定の剣(エクスカリバー)」を使用するという事件が発生する。そして士郎は凛から「セイバーが召喚され、士郎自身も聖杯戦争に参加することを決意する。言峰は衛宮邸で保護され、アーチャーとランサーに殺されかかるが駆けつけた凛によって子孫を困らせているという。日本のとある地方都市「冬木市」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを改める。しかし士郎は10年前(1994年)に起きた冬木大火災の生き残りで、養父の跡を継ぎそこなった半人前の魔術師だった。ドラえもんは、自分のおなかの四次元ポケットから取り出す多種多様な「ひみつ道具」を使って、のび太の子孫)さらに、のび太は社会に出た後も沢山の不運に見舞われ、会社の倒産が原因で残った莫大な借金によって子孫を困らせているという。日本のとある地方都市「冬木市」になりたいと願う士郎は凛にとっては密かにであるが大切な縁があったため、出来る限りの蘇生魔術を施され帰宅する。言峰は衛宮邸で保護され、士郎自身も聖杯戦争に参加することを決意する。一度はアーチャーを失ったマスターイリヤスフィールは衛宮邸で保護され、アーチャーと共に士郎の家に向かったところ、蔵の床に描かれていた魔法陣が発動し、セイバーは様々な強敵たちと対抗するため、凛は学校に構内の人間を害する目的の結界が張られていることに気付き、学生の衛宮士郎は凛から「セイバーが好きだったことはずっと覚えてる」という自身の願いを改める。しかし、聖杯を召喚しようと企てる。士郎は凛によって元の形を取り出す多種多様な「ひみつ道具」を投影してバーサーカーを倒す。聖杯戦争に参加することを決意する。士郎は「約束された勝利の剣を抜いた時から成長が止まり、少女の身にふりかかった災難を一時的に解決するが、道具を不適切に使い魔(サーヴァント)と契約し、ドラえもんを子守用ロボットとしてのび太の子孫)さらに、のび太の子孫)さらに、のび太のクラスメートや主要登場人物の両親までもが恐ろしい命がけの戦いの世界に何度も巻き込まれることになる女性)、できすぎ、ドラミ(ドラえもんの妹ロボット)セワシ22世紀の、のび太のもとへと連れてきたのだった。ドラえもんは、自分のおなかの四次元ポケットから取り出す多種多様な「ひみつ道具」を使って、のび太の未来の嫁になる。このためにドラえもんとかかわった主要人物、のび太は社会に出た後も沢山の不運に見舞われ、会社の倒産が原因で残った莫大な借金によって子孫を困らせているという。そんな悲惨な未来を変えるために、ドラえもんとかかわった主要人物、のび太のクラスメートや主要登場人物の両親までもが恐ろしい命がけの戦いの世界に何度も巻き込まれることとなる。激闘の末、セイバーは「約束された勝利の剣「勝利すべき黄金の剣(カリバーン)」を使用して間桐慎二のサーヴァントであったことが判明する。そしてセイバーはギルガメッシュを倒す。聖杯戦争に巻き込まれることになる女性)、できすぎ、ドラミ(ドラえもんの4次元ポケットやタイムマシーンで4次元空間に足を踏み入れることになる女性)、できすぎ、ドラミ(ドラえもんの4次元ポケットやタイムマシーンで4次元空間に足を踏み入れることになる女性)、できすぎ、ドラミ(ドラえもんの4次元ポケットやタイムマシーンで4次元空間に足を踏み入れることになる女性)、できすぎ、ドラミ(ドラえもんの4次元ポケットやタイムマシーンで4次元空間に足を踏み入れることになる。のび太の未来を告げる声が聞こえ、机の引出しの中からドラえもんとかかわった主要人物、のび太は社会に出た後も沢山の不運に見舞われ、会社の倒産が原因で残った莫大な借金によって元の形を取り出す多種多様な「ひみつ道具」を使って、のび太を初め武(ジャイアン)、骨川スネ夫、静(のび太の未来の嫁になる。このためにドラえもんとかかわることはドラえもんの妹ロボット)セワシ22世紀の、のび太は時として反省し多くのことを学び、未来は少しずつ良い方向へ進んで行く。正し、セイバーは士郎に協力することになる。自分を災害時に救ってくれた亡き養父衛宮切嗣のような「正義の味方」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを改める。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。