掲載中の作品

黄金スペースシャトル(おうごんスペースシャトル)とは、コロンビア…

[….]icion que [….] es una grande arqueología, como un aeropuerto ora. 飛行機として、あるいは宇宙機として、非常に大きな考古学的遺跡です。

ゴールデンシャトルの由来と目的

ゴールデンシャトルは、スペースジェットの一種です。見た目は飛行機のように見えますが、ゴールデンシャトルはロケットや人工衛星ではありません。むしろ、多くの宇宙船がそうであるように、一直線に移動するスペースプレーンなのです。

ゴールデン・シャトルは、コロンビアのシヌ地方から出土した現存する最古のスペースシャトルです。その目的は不明ですが、それはシヌーの街に貴金属を輸送するために使用されていたと考えられています。また、金や銀を輸送していたことも知られており、スペースシャトルの一種として知られています。

ゴールデン・シャトルの起源や目的は不明ですが、シヌ市への貴金属輸送に使用されたと考えられています。また、金や銀を輸送していたことも知られており、これはその目的と一致しています。

Photo by Can Pac Swire

黄金スペースシャトル(おうごんスペースシャトル)とは、コロンビアのシヌー地方の古代遺跡から発掘された、飛行機や宇宙往還機を思わせる黄金細工のこと。黄金シャトルや黄金ジェットとも呼ばれ、オーパーツの一種として紹介されることが多い。シヌー文化(紀元500年 – 800年)時代のものという説と、更に古いプレ・インカ文明のものという説がある。

解説
現在、コロンビアの首都ボゴタにある、国立銀行付属黄金博物館に展示されている。大きさは幅5センチメートル、高さ1センチメートルほどの、手に乗る大きさで、ペンダントなどの装飾品の類であったと思われる。

これを鑑定した動物学者のアイヴァン・T・サンダーソン博士は、他のどの生物とも似ておらず、三角翼と垂直尾翼がありジェット機やスペースシャトルにも見えるといったことから、「ベル・ヘリコプター」の設計者として知られるアーサー・ヤングに検証を依頼した。彼の検証結果は、航空力学の理にかなった形状をしているというものだった。

同種の黄金細工はいくつもあるが、その中で紹介されるのは大抵この1つだけである。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。